ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 災害・防災に関する情報 > 放射性物質対策 > 下水汚泥等の放射性物質濃度について(更新)

ここから本文です。

更新日:2017年11月13日

下水汚泥等の放射性物質濃度について(更新)

下水汚泥等の放射性物質濃度について(11月13日更新)

 

福島県の下水処理場の汚泥等から比較的高濃度の放射性物質が検出されたことを受け、本市の下水処理場における下水汚泥等(流入下水・放流水・脱水汚泥・下水汚泥焼却灰)、排ガスに含まれる放射性物質濃度及び敷地境界の放射線量の測定をしましたので、その結果と対応についてお知らせします。

  • 流入下水:浄化センターに流入する生活若しくは事業などに起因する排水(汚水)や雨水を指します。
  • 放流水:浄化センターから公共用水域(川や海など)に放流される水を指します。
  • 脱水汚泥:下水を浄化する過程で生じた汚泥を脱水した後に残る固形物を指します。
  • 下水汚泥焼却灰:脱水汚泥を減容化のため焼却し、灰としたものを指します。
  • 排ガス:脱水汚泥を焼却する際に排出されるガスを指します。

1.採取、放射線量の測定場所

  • 辻堂浄化センター(藤沢市辻堂西海岸三丁目3番1号)
  • 大清水浄化センター(藤沢市大鋸1500番地)

2.測定方法

下水汚泥等及び排ガスに含まれるセシウム134、137は、「廃棄物関係ガイドライン(第5部)放射能濃度等測定方法ガイドライン」に基づいて測定しています。

3.放射性物質濃度(核種分析測定結果)

辻堂浄化センター

単位(Bq/kg)(採取日:11月1日)

名称 流入水 放流水 脱水汚泥
(乾土換算値)
焼却灰
(乾土換算値)
セシウム134
(Cs-134)

不検出

不検出

不検出

(不検出)

23

(23)

セシウム137
(Cs-137)

不検出

不検出

不検出

(不検出)

160

(161)

放射性セシウム
合算値
(Cs-134+Cs137)

不検出

不検出

不検出

(不検出)

183

(184)

検出下限 Cs-134

10

10

20

20

Cs-137

10

10

20

20

大清水浄化センター

単位(Bq/kg)(採取日:11月1日)

名称 流入水 放流水 脱水汚泥
(乾土換算値)
セシウム134
(Cs-134)

不検出

不検出

不検出
(不検出)

セシウム137
(Cs-137)

不検出

不検出

不検出
(不検出)

放射性セシウム
合算値
(Cs-134+Cs137)

不検出

不検出

不検出
(不検出)

検出下限 Cs-134

10

10

20

Cs-137

10

10

20

(注)核種分析(民間検査機関)に時間を要するため、採取から公表までに数週間程度かかる場合があります。

(注)セシウム134、137の和と放射性セシウム合算値は、端数処理により一致しない場合があります。

(注)脱水汚泥および下水汚泥焼却灰は、上段に検体の直接測定値(採取したままの状態の濃度)、下段に検体の乾土換算値(採取した検体を乾燥させた固形物中の濃度)を記載しています。平成23年6月2日以前に公表した測定値は、乾土換算値です。

(注)直接測定値は、下水汚泥等を保管・運搬する状態での放射性物質濃度です。乾土換算値は、放射性物質濃度の推移を把握するための参考値として掲載しています。

(注)表記の方法について
平成25年5月9日公表分より「定量下限」を放射能測定で一般的に使われている「検出下限」に変更致しました。下限値の数値に変更はありません。

(注)核種分析測定結果の「不検出」について
「不検出」とは、放射性物質が存在しない又は検出下限値(測定において検出できる最小値)未満であることを表します。

(注)脱水汚泥・下水汚泥焼却灰に含まれるセシウム134、137の検出下限は、すべて20Bq/kgを基準としています。

(注)平成26年度以降は、辻堂浄化センター及び大清水浄化センターの流入水及び放流水の放射能測定頻度を、月2回から月1回とします。

4.排ガスの放射性物質濃度(核種分析測定結果)

辻堂浄化センター

単位(Bq/立方メートル)(採取日:11月1日)

名称

ろ紙部

ドレン部

セシウム134

(Cs-134)

不検出

不検出

セシウム137

(Cs-137)

不検出

不検出

放射性セシウム

合算値

(Cs134+Cs137)

不検出

不検出

検出下限

Cs-134

2

2

Cs-137

2

2

(注)排ガスの放射性物質濃度の測定頻度は1回/月です。

(注)ろ紙部は、排ガス中の放射性物質をろ紙により濾過捕集するものです。
ドレン部は、吸収瓶により液体捕集するものです。

5.敷地境界の放射線量(空間線量率測定結果)

単位(μSv/h)(測定日:11月1日)

名称

測定値

(東側)

測定値

(西側)

測定値

(南側)

測定値

(北側)

辻堂浄化センター敷地境界

0.042

0.030

0.033

0.030

大清水浄化センター敷地境界

0.039

0.037

0.031

0.038

(注)測定値は、可搬型サーベイメーター(シンチレーション式サーベイメーターPA-1000)による測定値(測定高:地上1m)

6.現状の対応

  • 発生する下水汚泥焼却灰等については、国の基準や関係法令などに従い、適正な処分を実施しております。
  • 放射性物質濃度の測定及び、浄化センター敷地境界における放射線量のモニタリングは、今後も継続して実施し、結果を公表してまいります。

7.今後の対応

  • 放射性物質が検出されたことにより生じた追加的な費用は、東京電力ホールディングス株式会社に損害賠償請求していきます。

参考

下水汚泥等の放射性物質濃度、敷地境界の放射線量の一覧についてはこちらをご覧ください。

当ページの過去の更新一覧はこちらをご覧ください。

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

下水道部 下水道施設課

〒251-0041 藤沢市辻堂神台二丁目2番2号 CoccoTerrace(ココテラス)湘南5階

電話番号:0466-34-2111(直通)

ファクス:0466-34-2112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?