ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 都市交流 > 姉妹・友好都市 > 中華人民共和国国歌の作曲者聶耳(ニエアル)

ここから本文です。

更新日:2018年10月15日

中華人民共和国国歌の作曲者聶耳(ニエアル)

聶耳(ニエアル)の紹介

聶耳

中華人民共和国の国歌「義勇軍行進曲」の作曲者である聶耳は、1912年(明治45年)2月15日、雲南省昆明市で誕生しました。父は漢方医で薬局を営み、母と3人の兄、2人の姉で生活を送っていました。

4才のときに父親を肺結核で亡くし、治療のため家の財産を使い果たしてしまいました。このときの葬儀の費用を親戚友人の援助を頼らなければならず、母が引き続き薬局を経営したが、貧しい生活を送っていました。

親戚友人から学費を立て替えてもらい、昆明県立師範附属小学校に入学、勉学に励み、成績はいつも優秀でした。この頃から笛を学び、その後、胡弓、月琴や風琴などの民族楽器の演奏を学びました。音楽では全校に並ぶ者はなく、音楽の才能を発揮していました。

その後、貧しい生活の中、雲南第一連合中学を卒業、母親を説得し、親戚や友人の援助を受け、昆明省立第一師範学校高級部外国語組英語学科で学んでいました。

卒業後、演劇学校音楽班でピアノ、バイオリニストなどの演奏知識を学び、その間、マルクス主義の書物に親しみ、学生運動にも進んで参加していました。

1930年に上海に渡り、貧しい生活を送りながらもバイオリンの独学を休まず続け、翌年、「明月歌舞団」のバイオリニストに採用され、職業音楽家として作曲の理論や和声学を学びました。このころから作曲を手掛けるようになりました。

「義勇軍行進曲」を作曲した年の1935年(昭和10年)、日本を訪れていた聶耳は7月17日の午後、友人と遊泳中の鵠沼海岸で帰らぬ人となりました。
「義勇軍行進曲」は1949年(昭和24年)に中華人民共和国の国歌となりました。

聶耳記念碑

昭和29年の記念碑

昭和29年に建設された記念碑

「義勇軍行進曲」が中華人民共和国の国歌となった1949年(昭和24年)に藤沢市民有志により聶耳を記念する運動が起こり、1954年(昭和29年)に記念碑が建てられ、11月1日に中国の紅十字会長、李徳全女史を迎え、除幕式が行われました。その後、多数の中国要人が記念碑を訪れています。

昭和40年の記念碑

昭和40年に再建された記念碑

1958年(昭和33年)、狩野川台風による高波により記念碑が流失しましたが、1965年(昭和40年)に記念碑保存会により、記念碑の再建運動が始まり、同年9月に再建されました。
多数の藤沢市民と関係者列席により、盛大な除幕式が行われ、その年には多数の中国要人の方々が記念碑を訪れました。

聶耳没後50周年事業と碑前祭

建立されたレリーフと整備された記念碑広場

建立されたレリーフと整備された記念碑広場

1986年(昭和61年)、聶耳没後50周年記念事業として、藤沢市民と関係者の浄財で聶耳の胸像(レリーフ)を建立するとともに、神奈川県や藤沢市の協力により、記念碑とその周辺を整備し、現在の聶耳記念広場となりました。
聶耳の命日にあたる7月17日には聶耳に敬意を表し、偲ぶことを目的として、聶耳記念碑保存会により毎年、聶耳記念広場において碑前祭を開催しています。
碑前祭では「義勇軍行進曲」の吹奏のもと、黙祷を捧げ、保存会会員をはじめ来場者の方々が献花を行います。

中国語石碑の完成

完成した中国語による石碑

完成した中国語による石碑

この記念碑には、中国全土から大変多くの方々が参拝に訪れています。ところが、聶耳記念広場には中国語による案内標記がありませんでしたので、聶耳にゆかりの深い雲南省から石を取り寄せ、「聶耳の略歴」と「聶耳の生涯と聶耳記念碑保存会の活動など」を中国語で彫刻した石碑を建造しました。
2010年(平成22年)12月11日、澄みわたる青空のもと、多くの皆様にご参列いただき、除幕式を盛大に執り行いました。

情報の発信元

企画政策部 人権男女共同平和課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎6階

電話番号:0466-50-3501(直通)

ファクス:0466-50-8436(企画政策課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?