ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > まちづくり・環境 > 建築・開発 > 建築確認 > 確認申請・検査について > 建築確認に関する各種基準・取扱いについて > 一体利用する複数居室の有効採光面積の計算方法に係る認定制度

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

一体利用する複数居室の有効採光面積の計算方法に係る認定制度

 建築基準法に基づく採光に関する告示である平成15年国土交通省告示第303号が平成30年3月22日に改正されたことにより、有効採光面積(建築物の開口部で採光に有効な部分の面積)の計算方法について、特定行政庁が規則で定める基準に適合すると認めたものは、政令で定める規定を緩和することができるようになりました。

 藤沢市では、既存の事務所等を活用した福祉施設の円滑な整備を後押しするため、藤沢市建築基準法施行細則 第21条に「一体利用する複数居室の有効採光面積の計算方法に係る認定基準」を定めることとしました。

 建築基準法の採光規定においては、居室ごとに一定の面積を有する採光上有効な開口部を設けるよう規定されていますが、この制度を活用すると、一体的な利用に供され、かつ衛生上支障ないものとして、認定を受けた複数の居室は全体を一室とみなして、採光上有効な開口部を設けることが可能となります。

認定基準

藤沢市建築基準法施行細則 第21条をご確認ください。

基準の適用イメージ(PDF:340KB)

施行日

 この基準の施行日(運用開始日)は次のとおりです。

 平成31年4月1日

 手数料

27,000円

添付図書

・申請書

・付近見取図

・配置図

・各階平面図

・2面以上の立面図

・2面以上の断面図

リンク

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

計画建築部 建築指導課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-50-3539(直通)

ファクス:0466-50-8223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?