ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

特別児童扶養手当

障がいのあるお子さんのために

特別児童扶養手当について

特別児童扶養手当とは

知的障がいまたは身体障がいの状態(政令で定める程度以上)にある20歳未満の児童について、児童の福祉の推進を図ることを目的として、手当を支給する制度です。

支給対象

日本国内に住所があって、知的障がいもしくは身体障がいの状態(政令で定める程度以上)にある児童を養育している父、または母、もしくは父母に代わってその児童を養育している方。

※政令で定める障がいの程度については、お問い合わせください。

所得制限額

 

扶養親族等の人数

 請求者

配偶者及び扶養義務者

0人

4,596,000円未満

6,287,000円未満

1人

4,976,000円未満

6,536,000円未満

2人

5,356,000円未満

6,749,000円未満

3人

5,736,000円未満

6,962,000円未満

4人

6,116,000円未満

7,175,000円未満

※以下、1人増すごとに請求者の場合、380,000円、配偶者等の場合は213,000円加算されます。

※所得制限額の詳細については、お問い合わせください。

※扶養親族等の人数には、16歳未満の児童も含まれますので、所得の申告や年末調整の際にはご注意ください。源泉徴収票が発行されている方につきましては、16歳未満扶養親族欄に人数が記載されているか、ご確認ください。

手当の額

重度障がい児の場合=1人につき月額 51,500円
中度障がい児の場合=1人につき月額 34,300円

※手当の支給月額は物価スライドにより、平成28年4月分から改正されています。

手当の支払い方法

手当は、県知事の認定を受けると、認定請求した日の属する翌月から支給され、4月・8月・11月(各月とも11日)の3回、指定された金融機関の口座へ振り込まれます。

手当を受ける手続き

手当を受けるには、住所地の市区町村の窓口で手続きをしてください。

【必要な書類】

  1. 請求者と対象児童の戸籍謄・抄本
  2. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員の住民票の写し(続柄・本籍が分かるもの)
  3. 対象児童の障がい程度についての医師の診断書(所定の様式)
    ※療育手帳(A1又はA2)
    身体障がい者手帳(1級から概ね3級まで。)
    ただし視覚障がい(視野狭窄を除く)、聴覚障がい、肢体不自由(欠損の場合のみ)、音声・言語障がい等をお持ちの方は、診断書を省略できる場合もあります。
  4. 特別児童扶養手当振込先口座申出書(所定の様式)
  5. その他必要なもの
    ※印鑑・預金通帳(請求者本人名義のもの)をお持ちください。
    ※上記のうち1,2,3(診断書の場合)については交付日から1ヶ月以内のもの。

情報の発信元

子ども青少年部 子育て給付課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル7階

電話番号:0466-25-1111 (代表)

ファクス:0466-50-8416

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?