ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

児童扶養手当

母子家庭・父子家庭のお子さんのために

児童扶養手当とは

母子世帯・父子家庭等の生活の安定と、自立を促進する事を目的に、父母の離婚・父又は母の死亡などによって、父又は母と生計を同じくしていない児童について、手当を支給する制度です。

支給対象

日本国内に住所があって、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、又は20歳未満で政令の定める程度の障がいの状態にある者)を監護している方(母子家庭の母、父子家庭の父、母や父に代わって養育している方)。

※所得制限があります。

  1. 父母が離婚した児童
  2. 父又は母が死亡した児童
  3. 父又は母が政令に定めのある障がいの程度にある児童
  4. 父又は母の生死が明らかでない児童
  5. 父又は母から1年以上遺棄されている児童
  6. 父又は母が裁判所から保護命令を受けた児童
  7. 父又は母が1年以上拘禁されている児童
  8. 父母が婚姻しないで生まれた児童
  9. 父・母ともに不明である児童

次のような場合、手当は支給されません。

児童が

  • 児童福祉施設などに入所したり、里親に預けられたとき。

父母又は養育者が

  • 婚姻の届出はしなくても、事実上の婚姻関係(内縁関係など)があるとき。(母子家庭・父子家庭に限る)

※平成26年12月から、児童及び父母又は養育者が年金を受給していても、児童扶養手当が受給できるようになりました。詳しくはこちらをご覧ください。 

手当支給月額・所得制限額

手当支給月額

 区分

全額支給

一部支給

児童1人のとき

42,330円

 42,320円~9,990円

児童2人のとき

上記金額に5,000円加算

児童3人以上のとき

3人目から児童が1人増えるごとに3,000円加算

所得制限額

扶養親族等の人数

受給者本人(母・父・養育者)

同居の扶養義務者

 配偶者・孤児等の養育者

全額支給

一部支給

0

190,000円未満

1,920,000円未満

2,360,000円未満

1

570,000円未満

2,300,000円未満

2,740,000円未満

2

950,000円未満

2,680,000円未満

3,120,000円未満

3

1,330,000円未満

3,060,000円未満

3,500,000円未満

※4人以上は、扶養人数が1人増えるごとに38万円加算されます。

※一部支給の制限額を超えた場合は、その年度は支給停止となります。

※所得制限額の詳細については、お問い合わせください。

※扶養親族等の人数には、16歳未満の児童も含まれますので、所得の申告や年末調整の際にはご注意ください。源泉徴収票が発行されている方につきましては、16歳未満扶養親族欄に人数が記載されているか、ご確認ください。

※手当支給月額は物価スライドにより、平成28年4月分から改正されています。

手当を受ける手続き

手当を受けるには、子育て給付課手当担当で申請手続きを行い、認定を受けた後、支給されます。詳しくは子育て給付課手当担当にご確認ください。

ご注意

平成10年4月1日以前に支給要件(離婚・父の死亡等)に該当した母子家庭の方は、その日から5年を経過すると、手当を請求することができなくなりますのでご注意ください。

児童扶養手当の他、以下の対象となる場合があります。詳細は担当課にお問い合わせください。

  • ひとり親家庭等医療費助成制度(子育て給付課)
  • JR通勤定期乗車券の割引(子育て給付課)
  • 下水道料金、水道料金(基本料金)の減免(下水道業務課)
  • 藤沢市一般廃棄物指定収集袋の免除(環境総務課)

リンク

情報の発信元

子ども青少年部 子育て給付課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル7階

電話番号:0466-25-1111 (代表)

ファクス:0466-50-8416

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?