ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > こんにちは市長です > 記者会見 > 2018年度定例記者会見内容 > Fujisawa Art Re;public~藤沢で再発見!まちのアート探訪(2018年11月26日記者会見・案件2)

ここから本文です。

更新日:2018年11月26日

Fujisawa Art Re;public~藤沢で再発見!まちのアート探訪(2018年11月26日記者会見・案件2)

 本市には,佐藤忠良(ちゅうりょう)をはじめ,菅沼五郎,高田博厚(ひろあつ)など著名な彫刻家が制作したパブリックアートが公園等の公共スペースに数多く設置されています。

 アートスペースでは,今年度から市内に点在するパブリックアートの調査を開始しており,2020年には市内を網羅したマップを作成し,手軽に街歩きができるよう冊子にいたします。

 今回の展覧会では,調査の経過を写真や資料で報告し,また,来館の方々から市内のパブリックアートに関する情報をご提供いただき,再発見,再認識していく場としていきたいと考えております。こうした来館者と協働した取組は,アートスペース開設以降初めてであり,展覧会のタイトル「Re;public(リパブリック)」は,パブリックアートを再発見するという意味の造語となっております。

 今回の展覧会のもう一つの特徴として,湘南工科大学総合デザイン学科の中尾研究室等の学生にご協力をいただき,写真や映像によってパブリックアートの魅力を新たに発見する取組や,街なかのなぜか気になる不思議なオブジェや風景などを捉え,ニュー・パブリックアートとして作品化する試みも行ってまいります。パブリックアートをきっかけとした藤沢の魅力を再発見する取組として,ご期待をいただきたいと考えております。

資料

この件に関するお問い合わせ先

文化芸術課(内線6411)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

企画政策部 広報課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎6階

電話番号:0466-50-3500(直通)

ファクス:0466-24-5929

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?