ここから本文です。

更新日:2020年9月23日

藤沢市教育委員会『教育長の窓No.188』

2020年(令和2年)8月17日号教育長の窓No.188

「特別な夏を乗り越えて」

秋葉台運動場

今年の梅雨は記録的に長く、7月末まで続きました。更に大雨による河川の氾濫が各地に甚大な被害をもたらしました。今なお不自由な生活をしておられる被災地のみなさまに心からお見舞い申し上げます。その梅雨が明けると、今度は連日の猛暑となり、熱中症が心配されています。6月の段階的な学校再開以来、子どもたちは新型コロナウイルス感染症の予防にしっかりと取り組んでくれました。各学校においては、様々な予防対策を丁寧に指導することで、子どもたちの学校生活を守ってくれました。度々の消毒作業を継続してくれていることにも感謝しています。この「新しい生活様式」の定着は、ご家庭や地域の方々との連携なしにはできないことです。子どもたちの安全・安心のために、今後もご協力をお願いいたします。


新型コロナウイルス感染症については、緊急事態宣言により一時は感染者数が減少していましたが、このところの報道では、確認される感染者数が増加しており、一進一退の状況です。万が一、児童・生徒や教職員に感染者や濃厚接触者が出てしまった場合にも、動揺することなく適切に対処していくことが大切であると考えています。生活習慣が昨年までとは大きく変わってきますが、自らの生活を見直し改善するチャンスでもあります。「新しい生活様式」に一日も早く慣れ、子どもたち自らが安全・安心や命の大切さを考えた学校生活をおくってくれることを願っています。

今年の夏は、「特別な夏」と言われています。長期間の臨時休校があったため、夏休みが短縮となり、子どもたちにとっては、とても辛い夏かと思います。その中でも、各種のイベントが様々な感染予防対策や工夫の中で徐々に再開していることは明るい話題です。中学校で行われた、運動部活動の「交流戦2020」もその一つです。参加した生徒は、各々の種目で今もてる自分の力を充分に発揮し、仲間とともにスポーツができる喜びをかみしめているように思いました。そして、生徒たちから、実施してもらえたことへの感謝の気持ちを聞けたことは、何よりうれしいことです。困難から学び、成長する姿をとても頼もしく感じています。

長期予報では、今年の残暑は長くて厳しいとのことです。学校は8月24日から始まりますが、体調管理に注意して元気に夏を乗り越えてほしいと思います。子どもたちが、短い夏休みを自分なりに楽しんで過ごしてくれることを願うばかりです。

保護者のみなさま、地域のみなさま、今後も学校教育にご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

情報の発信元

教育委員会教育部教育総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-3556(直通)

ファクス:0466-50-8424

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?