ここから本文です。

更新日:2017年5月23日

新産業の森地区

新産業の森整備事業(約110ヘクタール)

新産業の森構想は、第二東名インターチェンジ周辺に、産業交流を導く豊かな緑につつまれた新産業拠点として、交通施設整備とあわせ周辺の基盤整備を進め、研究開発、流通施設のほか、既存工業の新たな分野への展開などの施設立地を段階的に誘導し、産業基盤の強化と雇用の創出をはかる構想であります。

現在は、平成20年3月25日に開通した都市計画道路藤沢厚木線沿道について、関係権利者とともに工業系土地活用に向けた取り組みを進めており、神奈川県が検討を進めている定期的な市街化区域と市街化調整区域の区分の見直しを、まちづくりの大きな契機と捉えて、都市計画手続きを行ってまいりました。

その結果、第一期整備区域として平成25年2月に約16.9ha、第二期整備区域として平成27年3月に約6.4haが市街化区域に編入されました。

また、第一期整備区域と東海道新幹線高架の間に位置する区域についても、新産業の森第二地区として、平成33年度末ごろを目途とした市街化区域編入を目指し、手続きを行っております。

進捗状況

第一期整備区域

第一期整備区域約16.9haのうち、約9.2haについて、組合施工による土地区画整理事業を行っております。現在、地区内の道路、電気、上下水道等の整備と並行して、企業の誘致を行っており、一部が操業を開始するなど、進出企業も続々と決定しております。

第二期整備区域

第二期整備区域については、良好な緑地環境の保全を行う区域と開発を行う区域に分け、現在整備の手法を検討しております。

第二地区

第二地区については、平成33年度末頃の市街化区域編入を目指し、手続きを進めております。

 

新産業の森北部地区区域図(PDF:200KB)

まちづくりニュース

まちづくりニュース一覧

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

都市整備部 西北部総合整備事務所

〒252-0805 藤沢市円行2丁目3番地の17 藤沢市まちづくり協会ビル3階

電話番号:0466-46-5162(直通)

ファクス:0466-45-9892

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?