ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 救急・救命 > 救急業務 > 救急隊員と救急救命士の仕事について

ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

救急隊員と救急救命士の仕事について

消火活動や救助活動など様々な消防の業務の中で,救急活動に携わるのが救急隊員です。その任務は,けがや病気の人に応急処置を施しながら,症状に適した医療機関に搬送することです。

救急隊員は,消防局の通信指令担当からの指令によって出場します。一台の救急車に乗務するのは,隊長と隊員,そして運転を担当する機関員の3名です。まず,機関員は出場現場を地図で確認します。

次に,救急現場では傷病者の症状を観察し,応急処置を行います。観察は,傷病者の症状を知る上で大切な仕事です。救急救命士の資格を持つ隊員は,傷病者が心臓・呼吸の停止状態に陥った時などに,専用電話で医師の具体的な指示を受けながら,(1)電気ショックや薬剤投与で心臓の拍動を正常に戻す。(2)器具を使用して気道を確保する。(3)点滴で血液循環を確保する。などの高度な救急救命処置を行います。

そして,病院に到着すると,医師へ傷病者を引き継ぎ,症状や応急処置の内容などを報告します。

傷病者の搬送後は,署内に戻り,報告書を作成し,使用した医療器具の消毒などを行います。

次の救急出場に備え待機している間は,最新の医学情報を確認したり,救急活動の記録から活動の振り返りをするなど,救急活動の質の向上に努めています。

救急活動は,24時間休みなく続けられるため,救急隊員は交代制で勤務しています。

情報の発信元

消防局 救急救命課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 防災センター2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)8162

ファクス:0466-28-6417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?