ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 藤沢市こくほ健康診査・特定保健指導等 > 平成28年度藤沢市国民健康保険特定健康診査「藤沢市こくほ健康診査」が6月から始まります

ここから本文です。

更新日:2016年4月4日

平成28年度藤沢市国民健康保険特定健康診査「藤沢市こくほ健康診査」が6月から始まります

 藤沢市国民健康保険以外の健康保険に加入されている方は

このページに記載している内容は、藤沢市国民健康保険に加入している方を対象としています。

特定健康診査・特定保健指導は、各医療保険者(お持ちの健康保険証に記載されている保険者)が実施しますので、藤沢市国民健康保険加入者以外の方は、加入している医療保険もしくは勤務先にご確認ください。

実施期間

2016年(平成28年)6月1日(水曜日)~10月31日(月曜日)

対象者

平成28年4月1日時点で、藤沢市国民健康保険に加入し、受診日当日も加入している当該年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)に、40歳から75歳未満の方。

※ 75歳の誕生日以降に健診を受ける方は、後期高齢者等健康診査の対象者となります。

※ 平成28年4月2日以降に藤沢市国民健康保険に加入された方は、基準日が平成28年4月1日のため、加入の手続きだけではご案内を送付できません。保険年金課特定健康診査担当の窓口もしくは電話で藤沢市こくほ健康診査の受診希望の申請をしていただいた後、ご案内を送付します。
(今後も継続して国民健康保険に加入される方に限ります)

対象とならない方 

  • (1)妊産婦
  • (2)国内住所を有しない方
  • (3)病院または診療所に6ヵ月以上継続して入院している方
  • (4)以下の施設に入所している方
    • 障がい者総合支援法による障がい者支援施設
    • 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園の設置する施設
    • 老人福祉法による養護老人ホームまたは特別養護老人ホーム
    • 介護保険法による特定施設への入所または介護保険施設

発送時期

上記「対象者」に該当する方には5月下旬に封書で送付いたします。平成27年度も、がん検診・肝炎ウイルス検診の受診券を同封しています。

※ 平成28年4月1日に新規に加入された方は、6月初旬に送付します。ただし、がん検診・肝炎ウイルス検診の受診券は5月下旬に送付いたします。

※ 封書が届かない方は、保険年金課特定健康診査担当までご連絡ください。

※ 平成28年4月2日以降に藤沢市国民健康保険に加入し、保険年金課に受診希望の申請をしていただいた方は、加入日の約2ヵ月後に送付予定です。

受診方法

(1)指定医療機関の中から、ご希望の医療機関にあらかじめ電話等でご予約してください。 がん検診も同時に受ける方は、がん検診のご予約も必要です。

(2)受診日当日は、必ず次のものをご持参ください。

平成28年度 藤沢市こくほ( 特定)健康診査 受診券

平成28年度藤沢市成人健診受診券の右上部分です。

平成28年度 藤沢市こくほ健康診査票

問診項目(左側半分)を必ず記入してください。

藤沢市国民健康保険被保険者証

 

健診費用

(下記の「費用」をご確認ください。)

前年度の健診結果

「前年度の健診結果」とは、次の検査項目がある特定健康診査や人間ドック等の結果のことです。

  • 空腹時血糖またはHbA1c(ヘモグロビンA1c)
  • 中性脂肪またはHDLコレステロール
  • 血圧
  • 腹囲またはBMI

(がん検診もしくは肝炎ウイルス検診の受診券)

がん検診もしくは肝炎ウイルス検診を受診する場合は、忘れずにお持ちください。

(3)受診した医療機関で藤沢市こくほ健康診査の結果を受け取ってください。

(4)藤沢市こくほ健康診査の結果、精密検査が必要な方は必ず受診してください。なお、精密検査の費用は実費負担(保険適用)となります。

費用

40歳から69歳

2,000円

70歳以上(昭和22年3月31日以前に生まれた方)

その他無料になる方は下記の費用免除制度をご覧ください。

無料

費用免除制度

以下に該当する方は、医療機関窓口でお申し出ください。

費用免除制度は、さかのぼって申請することはできません。必ず受診日当日にお申し出ください。

費用免除の方

用意するもの

市民税非課税世帯の方

世帯主およびその世帯の国民健康保険加入者全員が非課税である方です。

受診月によって、課税状況を確認する年度が異なります。

6・7月に受診する場合→平成27年度が非課税世帯かどうかで判定します。

8・9・10月に受診する場合→平成28年度が非課税世帯かどうかで判定します。

受診日当日、医療機関窓口で申し出ていただき、医療機関から渡される「市民税非課税世帯申告書」にご記入ください。

身体障がい者手帳に記載された等級が1級から3級までの方

身体障がい者手帳

療育手帳に記載された等級がA1からB1までの方

療育手帳

精神障がい者保健福祉手帳に記載された等級が1級と2級の方

精神障がい者保健福祉手帳

検査項目

(1)必須健診項目…すべての方が対象となります。

検査項目

検査内容

問診

服薬歴及び生活習慣の状況に関する質問
(23項目の質問票)

身体計測

身長、体重、及び腹囲の計測

身体診察

視診、触診、聴診

血圧測定

血圧(収縮期/拡張期)の測定

血液検査

  • 肝機能検査・・・AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP
  • 血中脂質検査・・・中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール
  • 血糖検査・・・空腹時血糖、またはHbA1c(ヘモグロビンA1c)
  • 痛風検査・・・尿酸
  • 腎機能検査・・・クレアチニン

尿検査

尿糖、尿蛋白、尿潜血の有無

(2)詳細な健診項目・・・下記の厚生労働大臣が定めた基準に該当した方に、実施します。

検査項目

厚生労働大臣が定めた基準

貧血検査

貧血の既往歴を有する方または視診等で貧血が疑われる方で医師が必要と認めた方。
(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値、白血球数、血小板の測定)

心電図眼底検査

前年度の検査結果において、次のアからエまでに掲げる全ての項目について該当した方で医師が必要と認めた方。

  • ア.空腹時血糖値が100mg/dl以上
    またはHbA1cが5.6%(NGSP値)以上
  • イ.中性脂肪が150mg/dl以上
    またはHDLコレステロール40mg/dl未満
  • ウ.収縮期血圧が130mmHg以上
    または拡張期血圧が85mmHg以上
  • エ.腹囲が85cm以上(男性)、90cm以上(女性)、
    またはBMIが25以上

特定健康診査の上手な受け方

検査値は、その時の体調や食事の内容によって変化することがあります。受診日前日は暴飲暴食を避け、指示のあった時間までに夕食をすませ、睡眠を十分にとるようにしましょう。

健康診査の結果は、大切に保管しましょう。

健康診査の結果を大切に保管し、毎年の検査数値の変化を見ることで、継続した健康管理に役立てましょう。

問い合わせ先

保険年金課 特定健康診査・特定保健指導担当

電話 <代表>0466-25-1111 (内線3243)
<直通>0466-50-3520

情報の発信元

保健医療部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 新館2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3211

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?