ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

応急危険度判定士

大規模な地震により被災した建築物の安全性の判定について

  • 応急危険度判定制度神奈川県及び県内の全市町村は、建築専門技術者の協力を得て、大規模地震により被害を受けた建築物の安全性の判定を迅速に行うための体制整備をすすめています。
  • 応急危険度判定とは大規模な地震が発生した直後(概ね3日後~2週間程度)において、市町村から要請を受けた応急危険度判定士が被災した建築物の被害状況を調査し、余震等による建築物の倒壊、部材の落下等から生ずる二次災害を防止し、市民の安全を図ることを目的にその建築物が安全かどうかを応急的に判定するものです。
  • 応急危険度判定士とは指定の講習会を受講した建築技術者のうち県知事の認定を受け、ボランティアで応急危険度判定活動を行う方です。
    神奈川県内で平成22年3月31日現在11,120名が認定・登録されており、その内藤沢市内に居住する判定士は550名程です。

応急危険度判定士として認定を受けるには

次の1または2の資格要件を満たしている方が、3の神奈川県建築物震後対策推進協議会が実施する講習会が実施する講習会を受講し、神奈川県知事に認定申請を行うことにより認定・登録することができます。

  1. 神奈川県内に「在住」又は「在勤」している方
  2. 建築士法の建築士(一級、二級、木造)又は建築基準法の特殊建築物等調査資格者
  3. 神奈川県建築物震後対策推進協議会が主催する指定講習を終了した方

※講習会の日程等については、神奈川県建築物震後対策推進協議会のホームページをご覧ください

応急危険度判定士の認定の更新

判定士の認定証の有効期間は5ヶ年です。認定を辞退される方を除き、自動更新となりました。有効期間を満了された判定士の方については、協議会から自動的に新しい認定証を送付しますので、更新申請の手続きは必要ありません。

情報の発信元

計画建築部 建築指導課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-50-3539(直通)

ファクス:0466-50-8223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?