ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

ダイオキシン類の発生・排出状況(荏原製作所調査)

2000年5月31日現在

表3-2 ダイオキシン類の発生・排出状況(荏原製作所調査)

排ガス関係

調査対象

調査結果(単位ng-TEQ/立方メートルN)

調査時期

流動床焼却炉排ガス

17 , 12
12 , 14
9.2 , 4.2

H9
H10
H11

ガス化溶融炉排ガス

0.027

H11

IPP発電所排ガス(1)

0.0017
0.0034

H11
H12

IPP発電所排ガス(2)

0.00045
0.0044

H11
H12

排水関係

調査対象

調査結果 (単位、pg-TEQ/L)

調査時期

スクラバー排水

130,000 , 81,000

H12年3月23日、24日

総合排水処理施設排水

8.9
9.5 , 12 , 16 , 7.6 , 3.2 , 1.3 , 6.8

H11
H12

敷地外雨水舛排水

30,000

H12年3月23日

1,700 , 440 , 120 , 38

H12年3月24日以降

引地川流入口
(稲荷雨水幹線流入部

5,200

H12年3月23日

17 , 3.3 , 5.7 , 4.7

H12年3月24日以降

情報の発信元

環境部 環境保全課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3519(直通)

ファクス:0466-50-8418

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?