ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 自然保護 > 有害鳥獣について > 鳥獣の捕獲等許可申請について

ここから本文です。

更新日:2018年9月1日

鳥獣の捕獲等許可申請について

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律により、鳥獣の捕獲等(殺傷や卵の採取も含みます。)は禁止されています。次の1~4の場合で、捕獲等を行う場合は許可を受ける必要があります。

  1. 家屋侵入やフン害などで生活環境に被害を受けている場合
  2. 農林水産業被害防止の目的の場合
  3. 生態系に係る被害防止の目的の場合
  4. 学術研究による目的の場合

許可申請の手続き(※申請をする場合は事前にお電話などでご相談ください。)

1 市に許可権限がある鳥獣

次に記載のある鳥獣の捕獲等を行う場合は、市に許可権限がありますので、提出書類をご用意して環境保全課に申請してください。

なお、次に記載のない鳥獣の捕獲等を行う場合は、神奈川県または国に申請してください。

ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、コジュケイ、キジ、バン、キジバト、ヒヨドリ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ノウサギ、タイワンリス、シマリス、アライグマ、タヌキ、テン(亜種ツシマテンを除く。)、チョウセンイタチ、ミンク、アナグマ、ハクビシン、イノシシ、ヌートリア、ノイヌ、ノネコ、ドバト、ウソ、オナガ

※愛がん飼養のための捕獲については、原則として許可されません。

2 提出書類

  1. 鳥獣の捕獲等(鳥類の卵の採取等)許可申請書(外部サイトへリンク)
  2. 有害鳥獣捕獲等実施者名簿(外部サイトへリンク)
  3. 捕獲等を行う事由が分かるもの(被害写真など)
  4. 捕獲場所がわかる図面
  5. 捕獲方法がわかる図面(捕獲檻の写真、図面など)
  6. 有害鳥獣捕獲等依頼書(外部サイトへリンク)(被害者が第三者に捕獲等を依頼する場合に必要です。)

3 申請場所

環境部環境保全課(所在地:藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階)

申請には、手数料はかかりません。

申請を受理し、審査の上、許可証交付までには約1週間かかります。

情報の発信元

環境部 環境保全課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3519(直通)

ファクス:0466-50-8418

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?