ここから本文です。

更新日:2020年8月17日

米飯給食について

藤沢市では、現在給食実施日の5回に3回、米飯給食を実施しています。また、米粉を使用した「米粉パン」も導入し、米飯給食の推進に努めております。なお、炊飯はすべての調理場で直接行っています。(自校炊飯方式)

米飯給食実施回数

令和2年度米飯給食回数(予定:2年生から5年生の回数)

米飯給食回数

給食回数

4月から8月

23回

(37回)

9月から12月

44回

(76回)

1月から3月

31回

(50回)

合計

98回

(163回)

※令和2年度は学校臨時休校の影響により、学期の表示はしておりません

  • 米飯給食は基本的には週3回の割合で実施
  • 1年生の給食開始直後の期は、回数を調整
  • 6年生は登校日数により回数を調整
  • 学校の行事(運動会、遠足等)によって回数変更あり

参考(米飯給食の歴史)

1976年(昭和51年)1月

文部省が、学校給食に「米飯・ミルク・副食」型を取り入れる。

1976年(昭和51年)4月

学校給食制度上に米飯が正式導入される。

1983年(昭和58年)9月

大道小・秋葉台小・新林小・中里小・大清水小学校及び善行学校給食合同調理場に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施(3カ年計画の初年度)

1984年(昭和59年)1月

炊飯設備設置校において月1回の米飯給食を実施

1984年(昭和59年)4月

片瀬小学校に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施

1984年(昭和59年)9月

明治小・御所見小・八松小・亀井野小・大鋸小・天神小・高谷小学校及び西部学校給食合同調理場に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施

1985年(昭和60年)4月

八松小学校に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施

1985年(昭和60年)9月

藤沢小・鵠沼小・村岡小・鵠洋小学校、北部学校給食合同調理場、南部学校給食合同調理場に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施

1986年(昭和61年)4月

本町小・辻堂小学校に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施

1986年(昭和61年)4月

米飯給食が月3回の実施となる。

1986年(昭和61年)9月

米飯給食が週1回の実施となる。

1987年(昭和62年)4月

新設の湘南台小学校に炊飯設備を設置し、米飯給食を実施

(以降、新設の給食室にはすべて炊飯設備を設置)

1994年(平成6年)4月

米飯給食(週1回実施)を月1回ずつ回数を増やす。

1995年(平成7年)9月

平成7年度米飯給食推進モデル校として、俣野小・石川小学校が指定を受ける。

1999年(平成11年)11月

米飯給食を月1回増やし、週1回+月2回に変更する。

2000年(平成12年)4月

米飯給食をさらに月1回増やし、給食実施日5回に2回に変更する。

2000年(平成12年)12月

市内産の無農薬有機栽培(アイガモ米)を全校で2回使用

(以後、年2回ずつの使用が可能になる。)

2006年(平成18年)4月

米飯給食の回数を増やし、給食実施日2回に1回に変更する。

2006年(平成18年)10月

市内産新米を全校で使用。

(以後、回数も増え、2010年度は4回使用予定)

2012年(平成24年)4月

米飯給食の回数を増やし、給食実施日の5回に3回に変更する。

情報の発信元

教育委員会教育部学校給食課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-8247(直通)

ファクス:0466-50-8424(教育総務課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?