ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 学校給食 > 小学校給食 > 学校給食基準献立はこのようにして作られます

ここから本文です。

更新日:2018年8月14日

学校給食基準献立はこのようにして作られます

藤沢市の学校給食は、基準献立により実施しています。

基準献立の作成にあたっては、各施設の栄養士を3班に分け、各学期ごとに基準献立の原案を作成し、その原案を基準献立作成委員会において、材料、分量、栄養のバランス等献立の内容に応じて検討し、基準献立として決定します。

この基準献立をもとに、各施設においてさらに創意工夫が加えられ、それぞれの独自性を持たせながら給食を実施しています。

基準献立作成委員会構成員(委員)

  • 給食会理事(学校長)1名
  • 栄養士36名
  • 給食担当教諭3名
  • 調理員4名

基準献立が決まるまで

基準献立が決まるまでの流れ

2学期分
献立原案
作成担当
栄養士

2学期分
原案作成


原案
提出

基準献立
作成委員会


作成
(決定)

基準
献立

3学期分
献立原案
作成担当
栄養士

3学期分
原案作成

1学期分
献立原案
作成担当
栄養士

1学期分
原案作成

基準献立作成上の留意点

基準献立を作成するにあたり、特に次の点に注意しています。

  1. 不必要な添加物、素材のわからない加工食品、遺伝子組み換え食品などは使用しない。
  2. 食品本来の味を引き出すため化学調味料は使用しない。
  3. 食物繊維、鉄、カルシウムなどの不足しがちな栄養素や、動物性たんぱく質、食塩、脂質などの過剰になりがちな栄養素について配慮する。
  4. できるだけ旬の食品を使用し季節感を出す。
  5. 集団給食であるため限度はあるものの、できるだけ手作りにする。
  6. 学校給食摂取基準(基準値)を確保するよう努める。

藤沢市学校給食における目標栄養量(学校給食摂取基準)

児童一人一回あたりの学校給食摂取基準

エネルギー(kcal)

640

たんぱく質(g)

24.0

脂質(%)

エネルギーの25~30%

ナトリウム(食塩相当量)(g)

2.5未満

カルシウム(mg)

350

マグネシウム(mg)

80

鉄(mg)

3.0

亜鉛(mg)

2.0

ビタミンA(レチノール当量)(μg)

170

ビタミンB1(mg)

0.40

ビタミンB2(mg)

0.40

ビタミンC(mg)

20

食物繊維(g)

5.0

食品構成

 

区分

基準g

主食

米(米飯)

70

小麦(米飯以外)

50

牛乳

牛乳

206

おかず

小麦粉及びその製品

5

いも及びでんぷん

30

砂糖類

3

豆類

5

豆製品類

16

種実類

3

緑黄色野菜類

23

その他野菜類

70

果実類

32

きのこ類

4

藻類

2

魚介類

16

小魚類

3

肉類

15

卵類

6

乳類

4

油脂類

3

情報の発信元

教育委員会教育部学校給食課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-25-1111 (内線)5131

ファクス:0466-50-8424(教育総務課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?