ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > ひとり親家庭支援 > ひとり親家庭等日常生活支援事業

ここから本文です。

更新日:2019年5月24日

ひとり親家庭等日常生活支援事業

日常生活でお困りのひとり親家庭等に対して、家事や育児の支援をおこなう支援員を派遣し、家庭生活の安定を図ります。

どんな人が利用できるの?

児童扶養手当受給世帯及びそれに準ずるひとり親世帯等のうち、義務教育終了前(親が一時的な傷病の場合は児童扶養手当対象年齢)のお子さんがいる母子家庭又は父子家庭の方等

*ただし、育児支援を必要とする場合は2歳以上のお子さんを対象にしております。

どのような場合に利用できるの?

  • 傷病(通院を含む)、冠婚葬祭、時間外労働(残業や休日出勤)等、必要と認められる場合
  • 技能習得のための通学、就職活動、学校等の公的行事への参加の場合

支援内容は?

家事支援

  • 食事の世話
  • 住居の簡単な掃除、整理整頓
  • 衣類の洗濯、補修
  • 生活必需品の買い物(実費負担)
  • その他、日常的な範囲内での必要な用務

育児支援(病児は対象外)

  • 子どもの日常の世話(食事、対象児童への家事指導含む)

ただし、以下の内容は対象になりません。

  • 大掃除とみなされること(換気扇の掃除、窓拭き、床のワックスがけ等)
  • 家屋の修理や、庭の草取り
  • 商品の販売等
  • 子どもの学校や塾への送り迎え
  • 子どもの預かり
  • 看護が必要な子どもの世話
  • その他、日常的と認められないもの

利用時間(12月29日~1月3日は除く)

午前8時30分から午後8時までの間で支援が必要と認めた時間

利用料金

無料です。ただし、食材費や支援に必要な物品、支援員が使用した有料駐車場料金等は利用者の実費負担になります。

利用するには?

原則として利用日の5日前までに「利用申請書」に必要事項をご記入のうえ、子育て給付課又はお近くの市民センター、村岡公民館の地区福祉窓口にご提出ください。

登録の際に発行した、登録決定通知書をご持参ください。

まずは登録を!

ご利用前に子育て給付課で利用者登録手続きが必要です。どのような用途で利用したいのかお話を伺い、支援の回数や利用事由による時間を決定します。手続きには、「児童扶養手当証書」または「ひとり親医療証」をお持ちください。

*上記が無い場合は、子育て給付課へお問い合わせください。

情報の発信元

子ども青少年部 子育て給付課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-3580(直通)

ファクス:0466-50-8416

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?