ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 戦傷病者戦没者遺族等 > 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年12月27日

第10回 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の交付状況について

 標記の申請手続きから国庫債券の受け取りまで、長期間に渡りお待たせしている状況となっており、大変ご迷惑をお掛けしております。

 なお、現在の受付状況につきましては、次のとおりです。何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

《請求書の受付から国債の交付までの期間》

 概ね〈1年5ヶ月から6ヶ月〉程度

 市区長村での受付から裁定県による審査・裁定まで約1年2ヶ月

 可決裁定された後は、国における国債の記名加工等の手続きに約3ヶ月から4ヶ月

 ※なお、次の場合は、上記期間に加え、さらにお時間をいただく場合があります。

 ・特別弔慰金を過去に一度も請求されたことがない場合

 ・前回受給者から請求者が変更されている場合

 ・審査・裁定を行う都道府県(戦没者が亡くなられた当時の本籍都道府県等)と請求者の居住地都道府県が異なる場合

 

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金のお知らせ

 第10回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

特別弔慰金の趣旨

 戦後70周年にあたり、今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔慰の意を表するため、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(記名国債)を支給するものです。
 第10回特別弔慰金については、ご遺族に一層の弔慰の意を表するため、償還額を年5万円に増額するとともに、5年ごとに国債を交付することとしています。

支給対象者 

 戦没者等の死亡当時のご遺族で、2015年(平成27年)4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給することとしています。

  1. 2015年(平成27年)4月1日までに戦傷病者戦没者等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹

   ※戦没者の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、

    順番が入れ替わります。

  4.上記1~3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)

   ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

 額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

 請求期間は終了いたしました。 

  2015年(平成27年)4月1日から2018年(平成30年)4月2日まで 

 

情報の発信元

福祉健康部福祉医療給付課医療費給付・福祉給付・衛生施設担当

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-25-1111 (内線)3121

ファクス:0466-50-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?