検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2019年5月14日

麻しん(はしか)患者数が増加しています!

今年の1月以降、全国的に麻しんの患者数が大幅に増えております。

(市内の発症状況は藤沢市感染症発生状況を参照)

今回、医療機関と一般市民向けにQ&Aを作成しましたので、参考にしてください。

 

麻しんとは?

麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。
◆症状:発熱・咳・鼻水といった風邪のような症状の後、高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、麻しん患者1,000人に一人は脳炎を合併し、命に関わることもあります。
◆感染経路:空気感染、飛沫感染、接触感染により感染し、その感染力は非常に強く、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症すると言われます。
◆潜伏期間:約10~12日
◆治療:症状に応じた対症療法

麻しんについて(英語版):厚生労働省ホームページ「Measles」(外部サイトへリンク)

予防方法

唯一の予防方法はワクチン接種です。

マスクをしていても防ぐことはできません。

◆1回の接種で95%、2回の接種で99%程度の方が麻しんウイルスに対する免疫を獲得できるといわれています。ご自身の予防接種歴を確認してください。麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)が未接種の場合は接種をご検討ください。定期予防接種対象者は、早めに確実に受けましょう。
予防接種の種類による対象年齢と接種回数

◆海外に渡航予定のある方は、渡航先の麻しん流行状況を確認してください。
渡航先が麻しん流行国の場合は、必ずご自身の麻しん含有ワクチンの接種歴を確認しましょう。
未接種の場合は接種後に渡航をご予定ください。

◆帰国後には、2種間程度は麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意してください。

【厚生労働省リーフレット】麻しん出国前帰国後の注意事項(PDF:892KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 保健予防課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-3593(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?