ここから本文です。

更新日:2018年9月28日

景観法に基づく協議事例-3

平成19年度届出(新築)

ケーズデンキ藤沢本店は、藤沢の北部、用田に近い県道22号線沿いに計画されています。

全国展開する電気量販店で、企業一律のデザイン規定を持っていますが、計画当初のデザインが藤沢市の景観形成基準に適合しなかったため、協議を行いました。その結果、彩度の高い色彩を使用する面積を減らしました。また、屋外広告物のデザインについても、通常「赤地に白文字」であるものを「白地に赤文字」に反転させることで対応していただきました。

協議事例-3当初計画イメージ

協議事例-3当初計画イメージ

協議事例-3協議後計画イメージ

協議事例-3協議後計画イメージ

(協議後計画イメージ)

壁面に使用する色彩の彩度を落とし、全体としてまとまりあるデザインになった。

情報の発信元

計画建築部 街なみ景観課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-25-1111 (内線)4261

ファクス:0466-50-8223(建築指導課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?