ここから本文です。

更新日:2015年8月28日

肝炎ウイルス検診のご案内

肝炎ウイルス検診は、血液検査でB型、C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを検査します。
肝炎、肝硬変、肝がんといえば、お酒の飲み過ぎを思い浮かべることが多いと思いますが、主な原因はウイルスによるものです。
肝炎ウイルスは輸血等の血液感染のため、本人の自覚なしに感染している可能性があります。
短時間の採血で検査ができますので、一生に一度は肝炎ウイルス検診を受けましょう。
(感染後3ヵ月くらいは正確な結果がでないことがあります。)

実施期間

6月1日から10月31日まで(指定医療機関の休診日を除きます。)
10月はたいへん混み合いますので、早めの受診をお勧めします。

対象者

今年度の3月31日までに40歳になる方

41歳以上の方で次の要件に該当する方

  • (1)過去の健康診査の結果において、肝機能異常と判定された方で、その後肝機能検査を受診していない方。
  • (2)これまで、肝炎ウイルス検診の対象者であって、受診をしなかった方。

受診方法

  • (1)ご希望の指定医療機関に、あらかじめ電話等で確認してください。
    (予約が必要な医療機関もあります。)
  • (2)検診当日は、受診券と健康保険証などの住所、氏名等が確認できるものをご持参ください。

指定医療機関以外での受診は全額自己負担になりますので、ご注意ください。

検診内容

血液検査による

  • (1)HBs抗原検査(B型検査)
  • (2)HCV抗体検査(C型検査)
     抗体価により、追加検査としてHCV核酸増幅検査を行う場合があります。

上記以外の検査を行った場合は保険適用または自己負担になります。

自己負担金

肝炎ウイルス検査 1200円

HCV核酸増幅検査(C型の追加検査が必要になった場合) 1200円

自己負担金免除

次のいずれかに該当し、費用の免除を希望される方は、受診当日に医療機関窓口にお申し出ください。
さかのぼりの申し出や後日、返金することはできません。

生活保護受給者の方

医療機関の窓口に生活保護受給者証明書をご提示ください。

一定の障がいをお持ちの方

医療機関の窓口に障がい者手帳等をご提示ください。

  • 身体障がい者手帳の等級が1級から3級までの方
  • 療育手帳の等級がA1からB1までの方
  • 精神障がい者保健福祉手帳の等級が1級および2級の方

市民税非課税世帯の方

医療機関の窓口で申し出ていただき、「市民税非課税世帯申告書」にご記入ください。

支援給付の決定がされた中国残留邦人(配偶者を含む)

医療機関の窓口に藤沢市が発行した本人確認証をご提示ください。

リンク

情報の発信元

保健医療部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?