ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2019年9月25日

子宮頸がん検診のご案内

子宮頸がんは、子宮の入口にできるがんです。
近年、20~40歳の日本女性で子宮頸がんの発病や死亡が増えています。
子宮頸がんの原因は、ほとんどがヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。
ヒトパピローマウイルス(HPV)は、女性が生涯のうち一度は感染するごくありふれたウイルスですが、免疫力で自然に治る人がほとんどです。
しかし、ウイルスが排除できなかった場合に感染が持続してしまい、一部の人で細胞が変化(異形成)します。そして長い期間を経て子宮頸がんに進行するので、初期の段階で発見することがとても重要です。
自覚症状がなくても、定期的に検診を受けましょう。

実施期間

4月1日から3月31日まで(指定医療機関の休診日を除きます。)

対象者

20歳以上の女性市民(今年度の3月31日までに20歳になる方)

検診内容

子宮の頸部から細胞を取り、顕微鏡で検査します。(細胞診)

上記以外の検査および精密検査を行った場合は保険適用または自己負担になります。

(子宮体部については出血等の症状がある方のみで医療として保険診療が適切なため、平成27年度より市の検診はなくなりました。)

受診方法

指定医療機関へ連絡のうえ、受診券と保険証などの氏名等がわかるものをお持ちください。
受診券は毎年、5月下旬に発送します。
受診券が届く前に受診を希望される場合は、藤沢市民であることの証明書(保険証や運転免許証など)をお持ちになり、「市の検診を希望する」ことを伝えて受診してください。
なお、市の検診は年に1回のため、その後に届く受診券は使用できなくなります。

指定医療機関以外での受診は全額自己負担になりますので、ご注意ください。

検診回数

年1回

自己負担金

  • 70歳以上の方(今年度の3月31日までに70歳になる方)は無料
  • 69歳以下の方は2,000円

自己負担金免除

次のいずれかに該当し、費用の免除を希望される方は、受診当日に医療機関窓口でお申し出ください。
さかのぼりの申し出や後日、返金することはできません。

生活保護受給者の方

医療機関の窓口に生活保護受給者証明書をご提示ください。

一定の障がいをお持ちの方

医療機関の窓口に障がい者手帳等をご提示ください。

  • 身体障がい者手帳の等級が1級から3級までの方
  • 療育手帳の等級がA1からB1までの方
  • 精神障がい者保健福祉手帳の等級が1級と2級の方

市民税非課税世帯の方

医療機関の窓口で申し出ていただき、「市民税非課税世帯申告書」にご記入ください。

支援決定がされた中国残留邦人

医療機関の窓口に藤沢市が発行した本人確認証をご提示ください。

リンク

情報の発信元

福祉健康部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?