ホーム > 仕事・産業 > 商工業 > 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者への支援について

ここから本文です。

更新日:2020年6月17日

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者への支援について

このページでは、新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の方を対象とした各機関が実施している支援について、ご紹介しています。

・国(経済産業省など)が実施している支援策についてはこちら

・神奈川県が実施している支援策についてはこちら

・藤沢市が実施している支援策についてはこちら

 

国(経済産業省など)が実施している支援策 

支援策パンフレット(経済産業省)

経済産業省では、新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様にご活用いただける支援策をまとめています。

https://www.meti.go.jp/covid-19/(外部サイトへリンク)

持続化給付金(中小企業庁 令和2年度補正 持続化給付金事務事業)

中小企業庁 令和2年度補正 持続化給付金事務事業として、感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付しています。

https://www.jizokuka-kyufu.jp/overview/(外部サイトへリンク)

6月1日(月)から申請サポート会場として藤沢会場が開設されました(要事前予約)。

https://counter.jizokuka-kyufu.jp/JK-471(外部サイトへリンク)

小規模事業者持続化補助金(一般型・コロナ特別対応型)(独立行政法人 中小企業基盤整備機構) 

「小規模事業者持続化補助金(一般型)」について
小規模事業者が行う、経営計画に基づいた新たな販路開拓等、生産性向上に資する取り組みを行うために要する経費の一部を支援する補助金です。

「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」について
新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために行う販路開拓等の取り組みを支援する補助金です。

各補助金の申請方法等については、下記外部サイトへのリンクをご覧ください。
※当該補助金は中小企業庁が実施している「持続化給付金」とは異なりますのでご注意ください。

独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構)ホームページ
https://seisansei.smrj.go.jp/(外部サイトへリンク)

なお、藤沢市では新型コロナウイルスの影響を受けた事業者へ「確認書」を発行しています。

雇用調整助成金(厚生労働省)

厚生労働省では、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合の助成金制度を扱っています。新型コロナ感染症拡大対応への特例措置として対象事業者を拡大しています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html(外部サイトへリンク)

その他にも厚生労働省ホームページでは、小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金制度)や時間外労働等改善助成金(テレワークコース、職場意識改善コース)の特例について、ご案内しております。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#hatarakukata(外部サイトへリンク)

厚生労働省神奈川労働局ホームページ(雇用助成金に関する相談等、労働相談窓口)

https://jsite.mhlw.go.jp/kanagawa-roudoukyoku/madoguchi_annai/_20200213_00001.html(外部サイトへリンク)

 

神奈川県が実施している支援策 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金第2弾(神奈川県)

神奈川県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく令和2年5月7日から5月26日までの休業要請等に協力し、また、自主的に休業等をされている中小企業及び個人事業主等の皆様に対して協力金(第2弾)を交付します。

次のとおり、神奈川県ホームページにてご案内しております。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/chusho/0205kyouryokukin_vol2.html(外部サイトへリンク)

神奈川県中小企業融資制度(神奈川県) 

神奈川県では、新型コロナウイルスの流行により事業活動に影響を受けている県内中小企業の皆様を支援するため、金融支援を実施しています。

新型コロナウイルス関連融資

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/m6c/cnt/f5782/corona.html(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルス経営相談窓口(神奈川県)

神奈川県内各所に経営相談窓口を設置し、経営や金融に関する相談を受け付けています。

次のとおり、神奈川県ホームページにてご案内しております。

 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/prs/korona.html(外部サイトへリンク)

 

藤沢市が実施している支援策 

藤沢市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金交付事業

藤沢市では、神奈川県が実施した新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1弾=5/6までの休業等)の交付を受けた方を対象に、さらなる負担軽減策として協力金を交付しています。

 → 申請方法はこちら

※神奈川県が実施した新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第1弾=5/6までの休業等)の交付を受けた方が対象となります。

藤沢市中小企業融資制度

藤沢中小企業融資制度は、市内中小企業者の振興と経営の安定を図るため、金融機関を通して事業資金の融資を行う制度です。

※3月19日(木)から6月1日(月)まで実施していた市の融資「令和2年新型コロナウイルス感染症に係る災害復旧資金」につきましては、国の支援により都道府県等が実施する中小企業融資制度によって、より充実した支援が創設されたため、取扱いを終了しております。

→神奈川県中小企業融資制度はこちら

<参考>藤沢市中小企業融資制度

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/indus1/shigoto/shokogyo/yushi/chusho.html

セーフティネット保証・危機関連保証認定(公益財団法人 湘南産業振興財団)

藤沢市では、融資業務を委託している公益財団法人 湘南産業振興財団にて、セーフティネット保証・危機関連保証の認定を行っております。

上記の神奈川県中小企業制度融資を利用する場合など、通常の融資とは別枠で保証を行う制度です。

https://ssc.cityfujisawa.ne.jp/yushi/(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルスの影響を受けた事業者への確認書の発行について(小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)用) 

 藤沢市では、小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)を申請する方へ、新型コロナウイルスの影響を受けたことの「確認書」を発行しています。

確認書の発行について

 

  1. 受付時間
    平日 午前8時30分から午後5時15分(土日、祝日の受付は致しかねますのでご了承ください。)
  2. 確認書の交付時期
    申請書の受付をした翌日から起算して原則3営業日程度
  3. 確認書発行窓口、お問い合わせ先
    藤沢市 経済部 産業労働課(工業・新産業担当)
    〒251-8601 藤沢市朝日町1-1(本庁舎8階)
    電話 0466-50-3530(直通)
    ファクス 0466-50-8419
    メール fj2-indus@city.fujisawa.lg.jp

 

なお、セーフティネット保証4号の認定を受ける(受けた)方については、「その認定書の写し」をもって売上が減少したことの証明になります。(※上記「確認書」の発行は不要です。)

セーフティネット保証4号の認定については、公益財団法人 湘南産業振興財団ホームページからご確認いただけます。

公益財団法人 湘南産業振興財団ホームページ
https://ssc.cityfujisawa.ne.jp/yushi/(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

経済部 産業労働課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3530(直通)

ファクス:0466-50-8419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?