マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

 

マイページの使い方

ホーム > 市政情報 > 広報 > 報道発表・プレスリリース > 過去の報道発表・プレスリリース > 令和6年6月報道発表・プレスリリース > 【宗教法人清浄光寺(遊行寺)×藤沢市】帰宅困難者発生時の一時滞在施設として協力協定を締結

ここから本文です。

更新日:2024年6月20日

【宗教法人清浄光寺(遊行寺)×藤沢市】               帰宅困難者発生時の一時滞在施設として協力協定を締結

 2024年(令和6年)6月20日(木)宗教法人清浄光寺(遊行寺)と藤沢市の間で、「災害時における帰宅困難者の受入等に関する協力協定」を締結しました。

 一時滞在施設とは、災害時に帰宅が可能になるまで待機する場所がない帰宅困難者等を一時的に受け入れる施設のことです。

 本協定によって、駅周辺の混乱回避など帰宅困難者対策の強化が期待されます。

協力協定施設について

 施設名      宗教法人清浄光寺(遊行寺)

 住 所      藤沢市西富1-8-1

 収容場所面積  714㎡ 

 

帰宅困難者とは

 地震等の災害が発生し、公共交通機関の運行停止又は不通区間の発生があり、自宅への帰宅が困難になってしまった方を指す用語です。

 帰宅困難者となってしまったら、むやみに移動や帰宅をしないでください。

 多数の帰宅困難者の方々が一斉に移動することで、交通渋滞が発生し、緊急車両の通行に影響を及ぼすだけでなく、雑踏事故等の二次災害を引き起こす可能性があります。

 大規模災害により帰宅困難者となった際は、むやみに移動せずに安全な場所に留まりましょう。

 

一時滞在施設とは

 一時滞在施設とは、災害の発生により帰宅困難者となってしまった方を一時的に受け入れるための施設となります。

 公共施設及び民間施設があり、現在は藤沢市内で16箇所の一時滞在施設があります。

 勤務先や通学先付近での帰宅困難者の一時滞在施設を事前に確認しておきましょう。

 帰宅困難者の一時滞在施設は、必ず開設されるものではないため、自治体職員等の指示に従ってください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

防災安全部 危機管理課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎7階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2432

ファクス:0466-50-8401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?