ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 青少年育成 > 困難を有する若者の自立支援

ここから本文です。

更新日:2021年4月12日

困難を有する若者の自立支援

青少年課では、ニート・ひきこもり等の社会生活を円滑に営む上で困難を有する若者やその家族に対し、分野を問わず気軽に相談でき、適切な支援を受けて自立を目指すことができるように『若者サポート事業』を実施しています。課題によっては、福祉・保健・医療、就労的自立支援等の機関や団体等へのご紹介、同行支援等も行います。

なお、『若者サポート事業』のほか、「湘南・横浜若者サポートステーション」(外部サイトへリンク)(厚生労働省委託事業)や、本市の産業労働課が実施している(「若者しごと応援塾(ユースワークふじさわ)」(外部サイトへリンク)など、様々な施策・事業と連携した支援を実施しております。

1.若者サポート事業について

(1)対象となる方

市内在住・在学・在勤の概ね15歳から39歳までの困難を有する若者とその家族

<例>

  • 本人
    • 働くための一歩が踏み出せない。
    • 職場でつまづき、働く自信がない。
    • 仕事が続かず、すぐやめてしまう。
    • 自分らしい働き方を見つけてみたい。
  • 家族
    • 働いていない子どもの将来が心配。
    • 子どもの自立についてどこに相談すればよいかわからない。
    • 子どもが学校を中退し、どうしたらいいかわからない。

(2)実施場所・問い合わせ先

『若者サポート事業』は連携している「ユースサポート・ユースワークふじさわ」に専用の相談員を配置して実施しています。
(予約制となっておりますので、事前にお電話でご予約の上、ご来館ください)

 

【ユースサポート・ユースワークふじさわ】

[開所日]火曜日~金曜日 午前10時~午後6時まで

     土曜日     午前10時~午後3時まで

     ※日曜日、月曜日、祝日および12月28日~1月4日は休館

[住所]藤沢市本町1丁目12-17

    藤沢市藤沢公民館・労働会館複合施設(Fプレイス)5階

[電話]0466-86-5481
[FAX]0466-86-5486

 

※詳しくは、「若者しごと応援塾(ユースワークふじさわ)(外部サイトへリンク)をご参照ください。

 

2.関連情報

神奈川県の子ども・若者(おおむね30代まで)の総合相談窓口

少年の非行問題やいじめ、犯罪被害等に関する相談窓口(神奈川県警察)

ひきこもりの若者を対象とした情報交換・支援サイト(神奈川県委託事業)

国の子ども・若者育成支援の取り組み(内閣府)

ひきこもりに関する実態調査結果(平成22年内閣府実施)

情報の発信元

子ども青少年部 青少年課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎3階

電話番号:0466-50-8251(直通)

ファクス:0466-50-8434

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?