ここから本文です。

更新日:2020年9月15日

公共施設の状況と対応について(平成17年度調査)

藤沢市ではアスベストが社会問題化した平成17年秋以降、公共施設のアスベストの使用状況を調査してまいりました。ここでは、平成18年3月までに完了した調査結果と対応についてお知らせいたします。

調査の結果、全618施設のうち、平成17年の調査時点で規制対象とされている、重量の1%を超えるアスベストを含有している吹きつけ材などを使用している施設が8施設(9箇所)ありました。そのため、屋外で使用されている1箇所を除く8箇所でアスベストの飛散調査を行ったところ、1リットルあたり0.33本含まれている施設が1箇所で、その他の施設はすべて0.3本未満であり、市では全ての施設について問題はないと考えています。

なお、8施設のアスベストのうち、5施設の5箇所については除去を完了いたしました。他の施設については、念のため飛散状況の調査を継続して行い、改修工事等の際に除去していきます。

(資料は平成18年3月時点のもののため、修正等は行っておりませんが、その後、市民会館及び大清水小学校についても、除去を完了しています)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

総務部 行政総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎7階

電話番号:0466-50-3586(直通)

ファクス:0466-50-8244

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?