検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2019年9月13日

子どもの予防接種について

対象者

表のとおり種類と対象年齢と接種回数(PDF:230KB)が決まっています。

※接種当日に藤沢市の住民でない方(住民登録がない方)は接種できません

・対象年齢の解釈

「~に至るまで」→「~の前日まで」

例)5歳に至るまで→5歳の誕生日前日まで

「~未満」→「~の前日まで」

例)13歳未満→13歳の誕生日前日まで

接種方法

すべて個別接種です。

ご自身で指定医療機関(PDF:280KB)へ事前に予約してください。接種当日は紙の母子健康手帳および住所と生年月日が確認できるもの(小児医療証、健康保険証など)を持参してください。予診票(問診票)は指定医療機関にあります。

※「子育てアプリふじさわ」等に記録した内容については、公的な接種記録の証明になりませんので、ご注意ください。

接種費用

予防接種法で定められた定期の予防接種に関わる費用は、対象年齢内、規定回数内であれば無料で接種できます。対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けた場合の接種費用は、原則、全額自己負担となります。

指定医療機関以外で予防接種を受ける場合について

やむをえず、指定医療機関以外で予防接種を受ける場合は、定期予防接種依頼書が必要です。

この依頼書により接種を行うことで、予防接種健康被害救済制度が適用されます。

必ず事前定期予防接種依頼書交付申請書(エクセル:46KB)で申請をしてください(こちらから電子申請(外部サイトへリンク)もできます)。

※依頼書の発行までに1週間程度かかる場合があるので、接種日等余裕をもってご計画ください。

また、里帰り出産等のやむを得ない理由がある場合は、お子さんが生後4か月になるまで(4か月になる日の前日まで)に接種したものに限り、接種費用の払い戻し(償還払い)を行ってます。償還払いの申請書類等については、依頼書とあわせて郵送します。

※小さく生まれたお子さんや、難病を抱えるお子さん等、生後4か月を超えても市内の指定医療機関で定期予防接種を受けることが困難な場合は、接種前に子ども健康課にご相談ください。

予防接種健康被害救済制度

予防接種は感染症を防ぐためにとても重要なものですが、極めてまれに脳炎や神経障がいなど重大な健康被害が発生する場合があります。万が一、定期の予防接種による健康被害が発生した場合は、救済給付を行うための制度があります。ただし、対象年齢や受ける回数、間隔を超えた場合にはその対象となりませんので、十分ご注意ください。

その他

接種間隔について

予防接種のワクチンを接種する時には、その効果および安全性のため、予防接種の間隔をあけることが定められています。

【生ワクチン(※1)を接種したら】

次の予防接種まで27日以上あける(別の種類の予防接種を受ける場合)

(※1)麻しん、風しん、MR(麻しん風しん混合)、BCG、おたふくかぜ、水痘(みずぼうそう)、ロタウィルス

【不活化ワクチン(※2)を接種したら】

次の予防接種まで6日以上あける(別の種類の予防接種を受ける場合)

(※2)4種混合、2種混合、日本脳炎、インフルエンザ、ヒブ、小児用肺炎球菌、ポリオ、B型肝炎、子宮頸がん

3種混合ワクチンとポリオワクチンを別々に接種している方へ

すでに3種混合ワクチンとポリオワクチンを別々に接種し始めている方で、1期初回および追加接種の4回分が終了していない場合は、次の1から3のいずれかのとおり接種してください。

1. 今まで接種した3種混合ワクチンとポリオワクチンの回数が一致している場合                 4種混合ワクチンを不足回数分接種してください。

2. ポリオワクチンを4回接種済みで、3種混合ワクチン接種が4回済んでいない場合            3種混合ワクチンまたは4種混合ワクチンを不足回数分接種してください。

3. 3種混合ワクチンを4回接種済みで、ポリオワクチンの接種が4回済んでいない場合           ポリオワクチンを不足回数分接種してください。

※詳細については、こちらをご確認ください

受診前に(冊子)「予防接種と子どもの健康」をお読みください

「予防接種と子どもの健康」は、お子さんが生後2か月になる月に郵送しています。

受診前に、「予防接種と子どもの健康」をよく読み、予防接種の必要性や副反応などについて、よく理解してから接種しましょう。

保護者(父母)以外の同伴で接種をする場合について

接種には保護者(父母)の同伴が必要です。保護者(父母)以外の方が同伴して接種する場合には、委任状を接種を受ける機関へ提出してください。

委任状には以下の内容を記載してください。

・被接種者の氏名

・接種する予防接種の種類

・委任者(保護者)の氏名(印あり)、住所、連絡先

・代理人の氏名、住所、被接種者との関係、連絡先

委任状(見本)(PDF:120KB)委任状記載例(PDF:130KB)

※日本脳炎の予防接種は積極的な接種勧奨の差し控えを行っていた時期があることから、その時期に十分な接種が受けられなかった方に対し、不足した回数を20歳未満までに定期予防接種として接種できるようになっています。この対象者のうち、13歳以上の方は子ども健康課所定の「保護者が同伴しない場合の同意書」(PDF:195KB)があれば、保護者の同伴なく接種することができます。

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった等の理由で、定期予防接種を受けられなかった場合について

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった等の理由で、やむを得ず法律で定められた期間内に定期予防接種を受けられなかった方については、接種が可能となった日から原則2年以内であれば、接種対象年齢を過ぎていても定期予防接種として公費で接種できる場合があります。

対象となる予防接種の種類、対象疾病等ありますので、必ず接種前に子ども健康課予防接種担当にお問い合わせください

※この制度の対象となる疾病は、予防接種法施行規則に定められています。

※予防接種の種類により、受けられる年齢に上限があります。

お知らせ

4種混合ワクチン「テトラビック皮下注シリンジ」に関する一部ロット製品の抗体検査および追加接種ついて(PDF:125KB)

 

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

子ども青少年部 子ども健康課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所1階

電話番号:0466-50-3522(直通)

ファクス:0466-50-0668

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?