ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 保険料 > 産前産後期間の免除制度について

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

産前産後期間の免除制度について

2019年4月から国民年金第1号被保険者の出産前後の国民年金保険料が免除される制度が始まります。

対象となる方

2019年2月1日以降に出産予定または出産の第1号被保険者

妊娠85日以上の出産(死産、流産、早産、人工中絶を含む)が免除の対象です。

免除となる期間

出産予定月の前月から4か月間

(多胎妊娠の場合は出産予定月の3か月前から6か月間)

免除期間が2019年4月以前にある場合、2019年4月からの期間が免除の対象となります。

受付開始日

出産予定日の6か月前から届出ができます。

免除期間が2019年4月1日より前の場合は、2019年4月1日から受付開始です。

出産前に予定日で届出後、出産月がずれた場合でも、原則として変更の届出は必要ありません。ただし、免除に該当する月数に変更がある場合は変更届を提出する必要があります。

申請方法

保険年金課、各市民センターで受付しています(藤沢市に住民登録のある方のみ)。

届書は窓口にあります。郵送での届出も可能です。

受付時間は土・日・祝日を除く8時30分~17時00分です。(各市民センターは8時30分~12時00分、13時00分~17時00分)

申請に必要なもの

  • 年金手帳
  • 母子健康手帳等(出産前に手続きする方は出産予定日の記載があるもの、出産後に手続きする方は医師または市町村の証明があるものが必要)

代理人が申請をする場合、上記に加えて代理人の本人確認書類及び印鑑が必要です(認印可)。

基礎年金番号の他、マイナンバーでも届出をすることができます。

免除期間について

  • 産前産後免除期間は、老齢基礎年金の金額を計算する時に、保険料を納めた期間と同様にみなされます。
  • 保険料を前納していた場合、免除該当期間分は還付されます。
  • 産前産後免除期間は、他の免除と異なり、希望があれば付加保険料の納付や国民年金基金の加入ができます。付加保険料は申出月からの納付となるため、ご希望の方は免除該当期間になりましたら、お早めに届出をしてください。

問い合わせ先

  • 保険年金課国民年金担当
    0466-50-3521(直通)
    平日8時30分~17時00分
     
  • 藤沢年金事務所
    0466-50-1151(代表)
  • ねんきんダイヤル
    0570-05-1165(050で始まる電話からは03-6700-1165)

情報の発信元

福祉健康部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-50-3520(直通)

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?