ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ここから本文です。

更新日:2019年10月30日

減らそう、食品ロス

食品ロスとは?

まだ食べられるのに捨てられる食品のことを「食品ロス」といいます。

国によると日本では約646万トン(平成27年度推計値)もの食べ物が捨てられています。

これは一人あたり、およそお茶わん一杯分の量(約140g)を毎日捨てている計算になります。

「もったいない」と思いませんか?

no19

gohan

 

 

 

 

食品ロスの原因

食品ロスの原因は主に3つに分類することができます。

食べのこし

期限切れ

むきすぎ等

作りすぎや好き嫌いによって捨ててしまう。

tabenokosi

買いすぎや買ったことを忘れてしまったりして、手つかずのまま賞味期限や消費期限が切れてしまい捨ててしまう。

chousetuhaiki

野菜の皮を厚くむく等の調理技術の不足によって捨ててしまう。

kajoujokyo

食品ロスを減らすために

日常生活のちょっとした配慮で食品ロスは減らすことができます

買う前

買うとき

調理のとき

・買い物に行く前に、冷蔵庫の中の食材の在庫を確認しましょう。

・買い物に行く前にメニューを決めてから出かけましょう。

no105

 

no114

・使い切れる分の食材を買いましょう。

・すぐに使ってしまうものは陳列の手前からとりましょう。

 

環境省 啓発キャラクターsugutabekun

すぐたべくん(外部サイトへリンク)

 
・食べきれる分だけを作るように心がけましょう。

・皮を薄くむくために、包丁にこだわらず、ピーラーなどを使ってみましょう。

・余った食材は使い切りレシピを検索してみましょう。no173

 →料理レシピサイト クックパッドの消費者庁のページ「消費者庁のキッチン(外部サイトへリンク)」には食材を無駄にしないレシピを掲載していますので参考にしてください。

保存のとき

食事のとき

・冷蔵庫の中を整理整頓しましょう。

・賞味期限と消費期限の違いを確認しましょう。

 (賞味期限は美味しく食べることができる期限のこと。期限が過ぎたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。一方で、消費期限は安全に食べられる期限なので、期限を過ぎたら食べるのはやめましょう。)

 

simarisu

・おいしく食べきりましょう。kirin

 [外食のとき]

・料理に食べられない食材が入っているか、入っているときは、入れずに作ることができるか聞いてみましょう。

・一度にたくさん注文せずに、食べきってから次の料理を注文しましょう。

・3010運動に取り組みましょう。(3010運動とは、宴会時の食品ロス削減キャンペーンのこと。乾杯してからの30分間とお開き前の10分間は料理を楽しむ時間として呼びかけることで食品ロスを減らします。no99

 →普及啓発用啓発用三角柱ポップダウンロードページ(環境省)(外部サイトへリンク)

株式会社コークッキングとフードシェアリングサービスに係る協定を締結しました

食品ロス削減に繋がるフードシェアリングサービスアプリケーション「TABETE」を運営している株式会社コークッキングと協定を締結しました。

TABETE概要(PDF:18,613KB)

株式会社コークッキングとフードシェアリングサービスに係る協定を締結しました

それでも食品ロスが出てしまったら

生ごみ処理器などを活用しよう

キエーロ・コンポスト容器、電動生ごみ処理機の購入にあたって助成制度があります。

 生ごみ処理器(キエーロ・コンポスト容器)の斡旋販売について

 家庭用電動生ごみ処理機の購入費補助金制度

捨てる前に水切りしましょう

ごみとして出す前に水分をキュッとしぼりましょう。

外部リンク

 食品ロスポータルサイト(環境省)(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

環境部 環境総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3529(直通)

ファクス:0466-50-8417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?