ここから本文です。

更新日:2021年3月11日

農地を相続等した場合の届出について

 農地を適正かつ効率的に利用することを促すため、相続等により農地の権利(所有権、使用貸借権、賃借権など)を取得した場合には農業委員会へ届出が必要です。(農地法第3条3第1項)

 届出をしない場合や虚偽の届出をした場合は、10万円以下の過料に処せられます。(農地法第69条)

届出が必要な方

 農地法第3条の許可を要しない農地の権利取得については、届出が必要となります。具体的には次のとおりです。

1.相続(遺産分割及び包括遺贈を含む)

2.法人の合併・分割 など

届出の期限

 農地についての権利を取得したことを知った日からおおむね10ヶ月以内

届出に必要な書類

1.農地法第3条の3第1項の規定による届出書

2.農地の権利を取得したことがわかる書類の写し(全部事項証明書、遺産分割協議書等)

※届出書は次のファイルをご利用ください。

農地法第3条の3第1項の規定による届出書(エクセル:22KB)

農地法第3条の3第1項の規定による届出書(記載例)(PDF:302KB)

 受理通知書の交付

 届出書の審査が終了した後に受理通知書を交付します。なお、審査には1週間かかります。

 受理通知書の交付の際には、控え(届出書をご提出いただいた際にお渡しします。)をお持ちください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

農業委員会 事務局

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 分庁舎7階

電話番号:0466-50-3565(直通)

ファクス:0466-22-7574(オンブズマン事務局内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?