ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、次の(1)~(7)までの期間を合計して10年以上ある人が65歳になったときに、請求により支給されます。

  1. 国民年金保険料を納めた期間
  2. 国民年金の保険料の免除(全額・4分の3・半額・4分の1)の承認を受けた期間
  3. 納付猶予の承認を受けた期間
  4. 学生納付特例の承認を受けた期間
  5. 昭和36年4月以降の厚生年金の被保険者期間、または共済組合の組合員期間
  6. 国民年金第3号被保険者であった期間
  7. 合算対象期間(カラ期間)(外部サイトへリンク)
  • (3)、(4)、(7)の期間は、「10年の資格期間」に含まれますが、年金額には反映されません。
  • (2)の4分の3免除・半額免除・4分の1免除の期間は、残りの保険料を納付しないと、「10年の資格期間」には含まれません。

老齢基礎年金の金額

20歳から60歳まで(加入可能年数40年)保険料をすべて納めて満額受給できます。

令和2年度年金額(満額)=781,700円(月額65,141円)

老齢基礎年金の計算式

 令和2年度老齢基礎年金の計算式

  • 保険料納付月数とは、定額保険料を納めた月数と第3号被保険者であった月数の合計です。
  • 4分の3免除・半額免除・4分の1免除は、残りの保険料を納付しないと、保険料未納と同じ扱いになります。
  • 平成21年4月分以降の免除月数については、次のとおり読み替えて計算してください。
    • 全額免除月数3分の1→2分の1
    • 4分の3免除月数2分の1→8分の5
    • 半額免除月数3分の2→4分の3
    • 4分の1免除月数6分の5→8分の7
  • 付加保険料を納めた期間があるときは、次の額が老齢基礎年金に加算されます。
    200円×付加保険料納付月数

繰上げ支給

老齢基礎年金は原則として65歳から受けられますが、希望すれば60歳から64歳までの間でも繰上げて年金を受けることもできます。繰上げ支給の年金を受けるときは、年金を受けようとする年齢によって一定の割合で減額されます。

いったん繰上げ支給されると65歳以降も一生、同じ割合で減額された年金を受けることになります。

また、この他にも注意事項があります。詳しくは藤沢市役所保険年金課までお問い合わせください。

繰下げ支給

希望すれば66歳以降から繰下げて受けることができ、金を受けようとする年齢により一定の率で増額されます。なお、繰下げ支給で増額できる年齢は70歳までとなります。

老齢基礎年金の請求先

加入していた年金制度によって請求・相談先が異なります。

加入していた年金制度

請求・相談先

国民年金第1号被保険者期間のみの方

保険年金課国民年金担当

国民年金第3号被保険者期間や厚生年金加入期間がある方

藤沢年金事務所

問い合わせ先

  • 保険年金課国民年金担当
    0466-50-3521(直通)
  • 藤沢年金事務所
    0466-50-1151(代表)
  • ねんきんダイヤル
    0570-05-1165(050で始まる電話でおかけになる場合は03-6700-1165)

情報の発信元

福祉健康部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-50-3520(直通)

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?