ホーム > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 各種給付 > 障がい基礎年金の子の加算制度

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

障がい基礎年金の子の加算制度

障がい基礎年金の受給者に生計を維持する子がいる場合は、障がい基礎年金の受給額に一定額が加算されます。平成23年4月からは、障がい基礎年金を受ける権利が発生した後に子の出生などにより要件を満たす場合にも、届出によって新たに加算されることになりました。

加算対象となる子

障がい基礎年金の受給者が生計を維持している子(18歳に到達する年度末までの子、国民年金法で定める障がい等級1級または2級に該当する障がいのある20歳未満の子)

障がい基礎年金を受ける権利が発生した後で出生などにより生計を維持する子ができた場合は平成23年4月1日の制度改正により次のような取り扱いとなります。

  • 平成23年3月31日以前から生計を維持する子がいる場合
    平成23年4月1日から加算対象になります。
  • 平成23年4月1日以降に生計を維持する子ができた場合
    その事実が発生した時点から加算対象になります。

加算額は次のとおりです。(令和2年度の金額)

  • 加算対象の子が1人もしくは2人1人につき224,900円
  • 加算対象の子が3人目以降1人につき75,000円

子の加算と児童扶養手当との関係について

児童扶養手当を受給することができる父または母が障がい基礎年金を受給しているときは、障がい基礎年金の子の加算の支給を受けたうえで、子の加算が児童扶養手当額よりも低い場合に、その差額分について児童扶養手当が支給されます。(平成26年12月1日以降の取り扱い)

なお、平成23年4月分から平成26年11月分の受給については、子の加算額と児童扶養手当額のどちらか金額の高い方を選ぶことになります。

問い合わせ先

  • 保険年金課国民年金担当
    0466-50-3521(直通)
  • 藤沢年金事務所
    0466-50-1151(代表)
  • ねんきんダイヤル
    0570-05-1165(050で始まる電話でおかけになる場合は03-6700-1165)

情報の発信元

福祉健康部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-50-3520(直通)

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?