ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

障がい基礎年金

国民年金加入中に、病気やけがで障がいが残ったときや、20歳前の事故や病気などで障がい認定日に政令で定められている障がいの状態(国民年金の障がい等級1級または2級)になった場合に、請求によって障がい基礎年金が支給されます。

※国民年金の任意加入期間に加入しなかったことにより障がい基礎年金等を受給できない障がいのある方を対象とした福祉的措置として、特別障がい給付金制度があります。

障がい基礎年金が受けられる要件

以下の要件をすべて満たしている場合に障がい基礎年金が支給されます。

  • (1)初診日(病気やけがで初めて医師の診療を受けた日)において国民年金の被保険者であること。または、国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所を有していること。
  • (2)初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち3分の2以上の保険料を納めた期間(保険料免除期間・学生納付特例期間も含む)があること。
    ※(2)の特例として、令和8年3月31日までに初診日がある場合は、初診日の属する月の前々月までの直近1年間に保険料の未納期間がないこと。
  • (3)障がい認定日に※政令で定められている障がい等級表の1級または2級の状態になっていること。または、障がい認定日に障がい等級表の1級または2級に該当しなかった方が65歳の誕生日の前日までに該当するようになり、請求したとき。

政令で定める障がい等級表の等級と、障がい者手帳の等級は異なります。
20歳前の病気やけがにより、20歳になったときに(3)の要件を満たしていれば障がい基礎年金は受けられますが、本人の所得制限があります。

障がい基礎年金の額(令和2年度額)

1級977,125円(月額81,427円)

2級781,700円(月額65,141円)

障がい年金の請求先

初診日において加入していた年金制度により請求・相談先が異なります。

初診日において加入していた年金制度

給付される年金

請求・相談先

国民年金第1号被保険者だった方

障がい基礎年金

保険年金課国民年金担当

国民年金第3号被保険者

または厚生年金加入中だった方

障がい基礎年金

・障がい厚生年金

藤沢年金事務所

共済組合加入中だった方

障がい共済年金

各共済組合

※初診日が20歳前または日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の方の請求・相談先は、保険年金課国民年金担当または藤沢年金事務所です。

問い合わせ先

  • 保険年金課国民年金担当
    0466-50-3521(直通)
  • 藤沢年金事務所
    0466-50-1151(代表)
  • ねんきんダイヤル
    0570-05-1165(050で始まる電話でおかけになる場合は03-6700-1165)

情報の発信元

福祉健康部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-50-3520(直通)

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?