ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 自然保護 > 緑化推進~市民・事業者の参加・協力、ボランティア

ここから本文です。

更新日:2018年2月1日

緑化推進~市民・事業者の参加・協力、ボランティア

緑化の推進は、市民や企業の皆さんの理解と協力が不可欠です。

みどり保全課では、市民や事業者の皆さんの参加・協力を得て、緑化活動の推進をしています。

藤沢市企業等環境緑化推進協議会

緑化講習会の様子

緑化講習会で藤沢市役所の屋上緑化を見学

工場や事業所の環境緑化は、そこで働く人たちにとって仕事場の環境をよりよくし、また、地域環境との融和を図るためにも重要です。この認識をふまえて、昭和49年4月に市内の工場や事業所等により「藤沢市企業等環境緑化推進協議会」が設置されて以来、各種講習会・施設見学会等を開催し、緑化意識の普及・向上・啓発に努めています。また、協議会の日頃の緑化活動実績が認められ、平成2年度に関東通商産業局長表彰、平成13年度には自然環境功労者環境大臣表彰を受けました。

なお、平成28年度末現在加入事業者数は45社となっております。

詳細・ご加入等についてのお問い合わせは、市役所みどり保全課まで。

藤沢市企業等環境緑化推進協議会のホームページ(外部サイトへリンク)

藤沢市みどりいっぱい市民の会

植栽事業の様子

市民の会が周辺住民・自治会の協力をいただいて植栽活動を行いました

郷土の緑を守り、育てあわせて次代を担う青少年の健全な育成と良好な環境保全を目指して、昭和52年10月に「藤沢市みどりいっぱい市民の会」が発足しました。

この会は、市民の緑化意識の向上と下草刈などのボランティア活動を行い、昭和58年に建設大臣、昭和62年には内閣総理大臣から表彰され、明るく住み良い街づくりをめざして、より一層めざましい活動を展開しています。

なお、平成28年度末の会員数は224名となっております。

藤沢市みどりいっぱい市民の会(Facebook)のホームページ(外部サイトへリンク)

藤沢市みどりいっぱい市民の会(Yahoo!ブログ)のホームページ(外部サイトへリンク)

藤沢市みどり保全協働事業(藤沢グリーンスタッフの会)

平成13年度から藤沢の「みどり」を保全するため、ボランティアリーダー養成を目指し「里山保全ボランティアリーダー養成講座」を実施しました。その後、平成18年度にこの養成講座の受講生を中心としたメンバーが特定非営利活動法人(NPO法人)「藤沢グリーンスタッフの会」を立ち上げ、様々な自然保護対策や市有緑地等の緑地保全活動・緑化啓発活動等を行ってきました。

平成19年度から平成25年度までの7年間は、市民自治推進課が実施した藤沢市相互提案型モデル事業として、里地里山保全活動に関する協定を締結し、市内緑地の保全活動やボランティアリーダー養成講座、生態調査などの環境調査事業、自然観察会開催などの普及啓発活動、地域で緑化推進活動などを行う団体を支援する地域支援活動を実施してきました。

また、平成26年度から平成28年度は、みどり保全課と藤沢市みどり保全協働事業に関する協定を締結しました。平成29年度からは新たに活動緑地を増やし従来の活動に加えてさらに幅を広げながら、様々な活動に取り組んでいます。

藤沢グリーンスタッフの会のホームページ(外部サイトへリンク)

緑と花いっぱい推進の集い

緑化啓発キャンペーンの様子

藤沢駅周辺で、緑化啓発キャンペーンを行い、花の種を配布しました

緑化意識及びみどりの普及についての啓発は、市民総ぐるみによる緑化活動を推進する上で、最も重要なことです。

このため、「緑と花いっぱい運動」の一環として、緑化意識の啓発普及を図るため昭和57年から「藤沢市みどりいっぱい市民の会」、「藤沢市企業等環境緑化推進協議会」、「藤沢市」の三者で「緑と花いっぱい推進の集い」を文化の秋に毎年開催し、市民・事業者・行政が一体となって緑あふれるまちづくりを目指しています。

学校花だんコンクール、緑と花のまちづくりポスターコンクール、緑と花のまちづくり賞などの表彰やアトラクション、お楽しみ抽選会などを行っています。

自然とのふれあい

自然観察会の様子

新林公園で自然観察会を開催しました

私たちは、心のゆとりや精神的豊かさを与えてくれる自然を大切に保護していく必要があります。

これをふまえて、緑の保全を基調として、野鳥、昆虫等の保護育成を図るための自然保護思想の啓発普及対策として、啓発資料の作成・配布をしているほか、市民が植物・野鳥・昆虫等直接生きた自然に触れ合うことにより、自然の美しさ・尊さを知る場として、自然観察会を実施しています。

また、自然保護を目的としていろいろな活動をしている団体の方を中心に2ヶ月に1度自然環境懇話会を開催し情報交換を行ったり会報を作成し、広く市民の方々に情報周知をはかるなどしています。

開発行為と緑化協定

都市緑化を推進していくうえで、民有地の緑化は大きなウエイトをしめています。昭和51年度から、民有地での樹木の保全や創出を推進するため、一定規模以上の敷地に建築をする場合には、敷地面積の10%~20%の範囲で緑地の確保を義務づけています。

平成28年度末現在の緑化協定・緑化計画の締結件数は5,348件、緑地面積は440.8ヘクタールになっています。

緑化基準については、緑化基準をご覧ください。

情報の発信元

都市整備部 みどり保全課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)4351

ファクス:0466-50-8421

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?