ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 自然保護 > 藤沢市企業等環境緑化推進協議会

ここから本文です。

更新日:2022年9月6日

藤沢市企業等環境緑化推進協議会

 工場や事業所の環境緑化は、そこで働く人たちにとって仕事場の環境をより良くし、また、地域環境との融和を図るためにも重要です。この認識をふまえて、昭和49年4月に市内の工場や事業所等により「藤沢市工場等環境緑化推進協議会」が設置されて以来、各種講習会・施設見学会等を開催し、緑化意識の普及・向上・啓発に努めています。また、協議会の日頃の緑化活動実績が認められ、平成2年度に関東通商産業局長表彰、平成13年度には自然環境功労者環境大臣表彰を受けました。

 令和3年度現在の加入事業者数は43社です。

会長あいさつ

 2021会長新暖の候、会員事業場の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また、当協議会の令和3年度事業活動においては、皆様のご協力により無事終了出来ました事を、この紙面をお借りして御礼申し上げます。

 この1年を振り返りますと新型コロナウイルスに終始した年となり、当協議会も例外ではなく大幅に活動を制限されることになりました。その中で、WEB形式ではありますが「緑化技術講習会」を開催できたこと、視聴者数が例年と比較し大幅に増えたことは今後の活動に大いに参考になったと感じております。ご尽力いただきました事務局に感謝申し上げます。

 

 7月には東京オリンピックが開催され、セーリング競技が藤沢市で行われました。さまざまなご意見があると思いますが、各競技の選手達の頑張りはコロナ禍で暗く落ち込んだ日本に明るい話題を与えてくれました。改めてスポーツの力を感じたところで、メジャーではエンゼルスの大谷選手が、打って・投げて・走っての大活躍、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュを合わせてもおつりがくるほどの活躍で毎日楽しませていただきました。

 世界的な気候変動問題において、2050年カーボンニュートラルの実現は企業の社会的責任となっておりますが、排出量を削減するには限界があり、植物の光合成による吸収も必要不可欠です。

 藤沢市の環境緑化事業において、当協議会の役割を果たすべく、協議会運営を継続していきたいと考えますので、今後とも皆様方のご支援とご協力をお願いいたします。(オイレス工業株式会社藤沢事業場 泉谷 記)

令和3年度事業報告

 第48回総会

 令和3年4月26日(月)に第48会総会を実施しました。

 藤沢市企業等環境緑化推進協議会の第48回総会は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会議形式(人数制限あり)と書面形式を併用し開催いたしました。

 令和2年度の事業報告、決算報告及び監査報告が承認され、令和3年度役員の改選、事業計画及び収支予算が承認され、無事に審議を終えました。(事務局 記)

 緑化技術講習会

 日時:2021年10月11日(月)14:00~15:00 Web会議
参加数:17社25人
講習名:「藤沢市生物多様性地域戦略」に基づく「藤沢市生物多様性実行プラン」について
    「藤沢市工場立地に関する準則を定める条例」の制定に伴う、新たに定めた緑化基準について
担当者:藤沢市役所 みどり保全課 坂口氏、三好氏


 今年の緑化技術講習会は、藤沢市役所みどり保全課のご担当者から、藤沢市が取り組んでおります「藤沢市生物多様性地域戦略」と、2021年10月から一部改正された「藤沢市工場立地に関する準則を定める条例」について、環境保全における現状および改正部分に関する説明を行っていただきました。
 また、コロナ感染3密対策としてWeb会議での開催となりました。

 最初に、藤沢市で取り組んでおります「藤沢市生物多様性地域戦略」に関しての説明があり、続いて「藤沢市工場立地に関する準則を定める条例」の制定に伴う、新たに定めた緑化基準に関しての解説を行っていただきました。

 緑化基準に関しては、緑の質が高い緑化手法、敷地内緑化【樹林地の創出】【緑地空間の創出】【水辺空間の創出】【休憩施設の設置】をした際の緑化面積の算定事例、また、CSR活動を実施した場合の所有する敷地内緑地面積の算定などを解説していただきました。今回の制定に伴う緑化基準で各企業の現行緑地面積に対して、緩和される方向となります。

 今後、藤沢市内企業での新たな設備投資や新規企業の誘致を行うにあたり、所有敷地面積に対する緑地率の緩和を可能とする制度と共に、利用者の憩いの場を形成されることで質の高い緑化の整備と地域経済の活性化との調和がとれたサステナブルなまちづくりを目指していきますので、今後とも皆様方のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。(アズビル株式会社藤沢テクノセンター 中野 記)

 湘南グリーンコネクション2021

2022グリーンコネクション 令和3年12月21日(火)二宮町生涯学習センターにて「湘南グリーンコネクション2021」が開催されました。講演内容は「とまらないナラ枯れ里山はどうなる」(講師:芦垣明彦氏)

 神奈川の自然を次の世代に引き継ぐためにはどうすれば良いのか?県内において、2017年に初めてナラ枯れの被害が箱根町湯本や三浦市小網代等で確認され、以降、被害は拡大の一途をたどっているそうです。コナラ等のナラ類やマテバシイ等のシイ・カイ類がカシノナガキクイムシに穿入されると、カシノナガキクイムシが媒介するナラ菌の作用により、水分などを吸い上げる機能を失い、急速に葉の色が赤褐色に変色し枯死に至る場合もあるとのこと。

 昔、樹木は燃料として大変貴重でしたので枯れたら即伐採し被害の伝搬は少なかったようですが、昨今、里山の需要は少なくナラ枯れ大木が放置されているため伝搬してしまうとのことです。

 伐採と伐採した樹木の処理は大変なため有効な対策は少ないとのことでしたが、地球規模で考え解決を諦めてはいけないとの締めくくりに、現在猛威を振るっている「新型コロナウイルス感染症」に似ているなと感じ興味深く視聴させていただきました。(オイレス工業株式会社藤沢事業場 泉谷 記)

 第40回藤沢市緑と花いっぱい推進の集い 令和3年11月13日(土)

   藤沢の緑を守り育て、市民による「緑と花いっぱい運動」をさらに推進していくことを目的とし、「藤沢市みどりいっぱい市民の会」「藤沢市」「当協議会」の3者共催で開催しており、今年で40回目を迎えました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により規模は縮小されましたが、今年は「藤沢公民館・労働会館等複合施設 Fプレイス」で開催することができました。緑と花いっぱい功労者および各種コンクール(標語、緑と花のまちづくり、学校花だん、ポスター)において最優秀賞を受賞された方々にご来場いただき、各作品の発表および表彰を行いました。各受賞者へのインタビューの中で作品への想いやこだわりを伺い、厳粛な中にも和やかな雰囲気の集い
となりました。
 来年度も引き続き、会員の皆様のご協力をお願いいたします。
(株式会社ヤクルト本社湘南化粧品工場 大林 記)

集い②集い③

会員企業一覧(43社)

会員企業の一覧とその活動を紹介します。

いすゞ自動車(株)藤沢工場

 

(株)真田

 

エムデン無線工業(株)

 

(株)グリーンテック

 

一般財団法人同友会藤沢湘南台病院

 

協同油脂(株)

 

(株)テクノステート

 

メルシャン(株)藤沢工場

 

(株)日東社

 

ソニーグループ(株)湘南テクノロジーセンター

 

(株)東京ゴム製作所

 

NOK(株)藤沢事業場

 

リバー(株)藤沢事業所

 

日本精工(株)藤沢工場

 

いすゞロジスティクス(株)藤沢事業所

 

(株)ヤクルト本社湘南化粧品工場

 

オイレス工業(株)藤沢事業場

 

(株)門倉組

 

日本ギア工業(株)

 

ミネベアミツミ(株)藤沢工場

 

ナショナル・ベンディング(株)湘南第一営業所

 

(株)須藤製作所

 

(株)イチネンケミカルズ研究開発センター

 

(株)佐賀鉄工所藤沢工場

 

佐藤商事(株)神奈川コイルセンター

 

NSKマイクロプレシジョン(株)藤沢工場

 

デノラ・ペルメレック(株)

 

アズビル(株)藤沢テクノセンター

 

(株)オシキリ

 

医療法人社団清心会(藤沢病院・清流苑)

 

シロキ工業(株)藤沢工場

 

日東化学産業(株)

 

プレス工業(株)藤沢工場

 

日電工業(株)

 

東京ラヂエーター製造(株)

 

(株)大峯

 

(株)イワサワ藤沢ガスセンター

 

東レ(株)基礎研究センター

 

(株)ピーケーサービス

 

池上通信機(株)

 

(株)荏原製作所藤沢事業所

 

(株)神戸製鋼所藤沢事業所

 

中央機工(株)

 

 

機関誌「緑光」

 本協議会では、活動等を紹介するための機関誌「緑光」を年に1回発行しています。
 藤沢市役所みどり保全課や長久保公園での配架のほか、以下にデータを掲載しておりますので、是非ご一読ください。

No.76(2022年3月)(PDF:1,218KB)

No.75(2021年3月)(PDF:1,574KB)

No.74(2020年3月)(PDF:2,214KB)

No.73(2019年3月)(PDF:2,724KB)

No.72(2018年3月)(PDF:2,516KB)

No.71(2017年3月)(PDF:2,480KB)

No.70(2016年3月)(PDF:6,343KB)

会員募集中

 藤沢市企業等環境緑化推進協議会では、会員企業を募集しています。
 私たちと一緒に”緑あふれるまちづくり”活動に参加しませんか?
 加入企業等43社。「緑化技術講習会」「視察見学会」「緑と花いっぱい推進の集い(イベント)」の開催
を通じて緑化意識の普及・向上・啓発に努めています。

 詳細・ご加入等についてのお問い合わせは、藤沢市役所みどり保全課まで。 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

都市整備部 みどり保全課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 分庁舎6階

電話番号:0466-50-8252(直通)

ファクス:0466-50-8421

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?