ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

国民年金制度について

国民年金は、若い世代が高齢者を支えるという「世代間扶養」の仕組みをとっています。現在若い世代の方も、将来高齢者になったとき、そのときの現役世代に支えられます。

国民年金に加入して保険料を納めることは法律上の義務となっています。年金制度に加入し、きちんと保険料を納めることで※老齢年金だけでなく、事故や病気で身体に障がいが残ったときの※障がい年金や、一家の働き手が亡くなったときの※遺族年金を受け取ることができます。

※注:保険料納付要件以外にも、年金を受け取るための要件があります。詳細は以下をご参照ください。

国民年金に加入する方

加入者(被保険者)は次の3種類に区分され、加入の種別によってそれぞれ保険料の納付方法や年金の給付が異なります。

  • 第1号被保険者→自営業者・農林漁業従事者・学生・フリーアルバイター・無職の方などで20~59歳の方
  • 第2号被保険者→会社員・公務員などで原則65歳未満の方
  • 第3号被保険者→第2号被保険者に扶養されている配偶者で20~59歳の方

この他に、

  • 任意加入被保険者→海外在住者や60歳以上で厚生年金に加入中でない方のうち、任意加入の届出をした方

年金等を受け取るには

受け取る年金の種類によって内容が異なります。確認したい項目をクリックしてください。

年金手帳について

年金に関する手続きは、基礎年金番号により行います。国民年金や厚生年金に加入すると年金手帳(基礎年金番号)が交付され、同じ年金手帳(基礎年金番号)を生涯使用することになります。年金手帳は、年金に関する手続きや就職する際に必要となりますので、大切に保管してください。

年金手帳を紛失した場合は再交付申請をしてください。再交付申請先は加入している年金の種別により異なりますのでご注意ください。

お問い合わせ先

保険年金課 国民年金担当

0466-50-3521(直通)

平日8時30分~17時00分

情報の発信元

福祉健康部 保険年金課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎1階

電話番号:0466-50-3520(直通)

ファクス:0466-50-8413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?