ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 避難情報・施設について > 藤沢市避難所運営マニュアル

ここから本文です。

更新日:2021年8月24日

藤沢市避難所運営マニュアル

避難所運営マニュアルとは

 「藤沢市地域防災計画」に基づき、突発的かつ大規模な災害が発生した場合などに、自主防災組織等の自治組織、市職員(従事職員)、施設管理者など、避難所運営委員会の構成員が参集して、自主的に「指定避難所」(※)を開設し、撤収するまでの基本的な事項を定めたものです。

※ 大規模災害が発生した際に、自宅の倒壊などにより、自宅で生活を送ることができない方々が、一定の期間、避難生活を送るための施設。本マニュアルでは、「指定避難所」について「避難所」と記載するものとします。

避難所運営マニュアルの構成等

 本マニュアルは、2部構成となっており、第1編「災害発生前の事前準備編」では、平常時における事前準備として、避難所での運営ルールのひな形や役割分担の考え方などを記載しております。第2編「災害発生時の避難所開設・運営編」では、実際に避難所を開設した際の運営方法や各種様式を取り揃えています。
 避難所運営委員会等におかれましては、このマニュアルを参考に、各避難所の実情に則した「避難所ごとのマニュアル」を作成していただきますよう、お願いいたします。
 また、既にマニュアルを作成されている場合には、既存のマニュアルの更新にあたり、本マニュアルの考え方や様式などについて反映をお願いいたします。

経過

 本市では、平成15年度に「避難施設運営マニュアル」を作成し、これまで数回に渡り更新を行ってまいりました。その過程で、地域の皆様から、より実践的なマニュアルづくりを求める声をいただき、皆様からいただいたご意見や被災自治体が作成したマニュアル(岩手県大船渡市や熊本県熊本市など)を参考にして、2019年(平成31年)3月に「避難施設運営マニュアル」を大幅に改訂いたしました。
 その後、本市では2021年(令和3年)4月から、各種避難所の名称を、災害対策基本法に基づく名称に統一したため、従来の「避難施設運営マニュアル」から「避難所運営マニュアル」に名称を変更し、改めて改訂いたしました。

藤沢市避難所運営マニュアル(PDF版)

藤沢市避難所運営マニュアル(Word版)

避難所運営マニュアル(ペット対策編)

感染症対策を踏まえた避難所等開設運営マニュアル

マニュアルの目的

従来の避難所等の運営は、三密(密閉・密集・密接)になりやすい環境であり、新型コロナウイルス感染症の現下の状況やあらゆる感染症を考慮すると、避難所等の運営においても感染症対策は必須となります。このマニュアルは、避難所等における感染リスクを軽減し、避難者及び避難所等の運営に従事する職員等の安全を守るために策定されたものです。

経過

本市では、2020年6月に神奈川県が策定した「新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所運営ガイドライン」に基づき、2020年7月に「新型コロナウイルス感染症を踏まえた避難所等運営訓練」を実施し、2020年8月に「感染症対策を踏まえた避難施設等開設運営マニュアル」を策定しました。その後、策定から1年を迎える2021年7月に本マニュアルの実効性を改めて確認することを目的に「感染症対策を踏まえた避難所等運営訓練」を実施し、訓練の結果等を踏まえ、2021年8月に「感染症対策を踏まえた避難所等開設運営マニュアル」として改訂を行いました。

感染症対策を踏まえた避難所等開設運営マニュアル

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

防災安全部 危機管理課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎7階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2432

ファクス:0466-50-8401

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?