検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 個人市民税 > 引っ越した場合の市県民税について

ここから本文です。

更新日:2019年6月5日

引っ越した場合の市県民税について

1.その年の1月1日に住んでいた市町村に納める

  • 市県民税は,その年の1月1日に住んでいた市町村で課税されます。
  • したがって,年の途中で他の市町村に引っ越ししても,その年の市県民税は,1月1日に住んでいた市町村に納めることになります。たとえば,平成30年10月にA市からB市に引っ越した場合,「平成30年度」は「転出前のA市」に,「平成31年度」は「転出先のB市」に納めることになります。

個人で納付する場合

平成30年

平成31年(令和元年)

令和2年

1月

6月

8月

10月

1月

6月

8月

10月

1月

 

平成30年度は,A市に納める

平成31年度は,B市に納める

A市に居住

B市に居住

給与から天引きされる場合

平成30年

平成31年(令和元年)

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

 

平成30年度は,A市に納入

平成31年度は,B市に納入

A市に居住

B市に居住

※給与から天引きされる場合には,会社が納入します。

※「その年の1月1日に住んでいた」とは,「1月1日に住民登録をしていた」ということです。ただし,「1月1日に住民登録」をしていなくても,「実際に住んでいる」場合には,その市町村で課税になる場合があります。そのような場合,「住民登録をしている市町村」と「実際に住んでいる市町村」で二重に課税されるおそれがあります。このようなことを避けるためにも,実際に住んでいる市町村に住民登録をしましょう。

情報の発信元

財務部 市民税課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎4階

電話番号:0466-25-1111 (内線)2341

ファクス:0466-50-8404

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?