ここから本文です。

更新日:2020年10月2日

配当控除の計算方法について

1.配当控除の控除率

配当所得がある人が申告の際に総合課税を選択した場合、その配当所得の金額に応じて一定の金額を税額(所得割額)から差し引きます。ただし、配当控除の対象とならない配当所得(外貨建資産割合が高いもの等)もあります。
配当控除は、次のように計算します。
【配当所得】×【控除率】=【配当控除】
「控除率」は、配当などの種類によって、次の表のとおりです。
(配当控除の税率)

種類

課税総所得金額のうち,
配当所得が含まれる部分

控除率

市民税

県民税

所得税

利益の配当など

1,000万円以下の部分

1.60%

1.20%

10%

1,000万円超の部分

0.80%

0.60%

5%

私募証券投資信託等

外貨建証券投資信託以外

1,000万円以下の部分

0.80%

0.60%

5%

1,000万円超の部分

0.40%

0.30%

2.50%

外貨建証券投資信託

1,000万円以下の部分

0.40%

0.30%

2.50%

1,000万円超の部分

0.20%

0.15%

1.25%

2.配当控除の計算のしかた

「配当控除」は、「課税総所得金額」の違いによって、次のように計算します。

  • (ア)「配当所得以外の所得」と「配当所得」をあわせて,「1,000万円以下」のとき
    「控除率」は、「1,000万円以下の控除率」となります。
  • (イ)「配当所得以外の所得」に「配当所得」をあわせると、「1,000万円を超える」とき
    「1,000万円以下の部分」に対する「控除率」は、「1,000万円以下の控除率」となります。
    「1,000万円超の部分」に対する「控除率」は、「1,000万円超の控除率」となります。
  • (ウ)「配当所得以外の所得」だけで、「1,000万円を超えている」とき
    「控除率」は,「1,000万円超の控除率」となります。

上記(ア)~(ウ)を、図にすると、次のようになります。

(配当控除の計算のしかたの図)

1,000万円以下の部分

1,000万円超の部分

(ア)「配当所得以外の所得」と「配当所得」をあわせて、「1,000万円以下」のとき

配当以外の所得

配当所得

 

 

 

 

 

 

1,000万円以下の率で計算

 

(イ)「配当所得以外の所得」と「配当所得」をあわせて、「1,000万円を超える」とき

配当以外の所得

配当所得

配当所得

 

 

 

 

1,000万円以下の率で計算

1,000万円超の率で計算

(ウ)「配当所得以外の所得」だけで、「1,000万円を超えている」とき

配当以外の所得

配当以外

配当所得

 

 

 

1,000万円超の率で計算

情報の発信元

財務部 市民税課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎4階

電話番号:0466-50-3510(直通)

ファクス:0466-50-8404

↑↑↑↑上のお問い合わせフォームは、藤沢市の市民税・県民税に関するお問い合わせにご利用ください。所得税など国税に関しては、最寄りの税務署にお問い合わせいただくか、国税庁ホームページをご覧ください。
<<藤沢税務署>> 電話0466-22-2141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?