ここから本文です。

更新日:2020年10月23日

給与所得の計算方法について

1「給与所得」の計算

「給与所得」は,「給与収入」から「給与所得控除」を差し引いた金額です。

「給与所得」は,次の表から求めることができます。

給与所得の速算表

平成30年度(平成29年分)~令和2年度(令和元年分)

給与収入(A)

給与所得の計算

650,999円以下

0

651,000円~1,618,999円

(A)-650,000

1,619,000円~1,619,999円

969,000(定額)

1,620,000円~1,621,999円

970,000(定額)

1,622,000円~1,623,999円

972,000(定額)

1,624,000円~1,627,999円

974,000(定額)

1,628,000円~1,799,999円(※)

(A)’×0.6

1,800,000円~3,599,999円(※)

(A)’×0.7-180,000

3,600,000円~6,599,999円(※)

(A)’×0.8-540,000

6,600,000円~9,999,999円

(A)×0.9-1,200,000

10,000,000円以上

(A)-2,200,000

令和3年度(令和2年分)以降

給与収入(A)

給与所得の計算

550,999円以下

0

551,000円~1,618,999円

(A)-550,000

1,619,000円~1,619,999円

1,069,000(定額)

1,620,000円~1,621,999円

1,070,000(定額)

1,622,000円~1,623,999円

1,072,000(定額)

1,624,000円~1,627,999円

1,074,000(定額)

1,628,000円~1,799,999円(※)

(A)’×0.6+100,000

1,800,000円~3,599,999円(※)

(A)’×0.7-80,000

3,600,000円~6,599,999円(※)

(A)’×0.8-440,000

6,600,000円~8,499,999円

(A)×0.9-1,100,000

8,500,000円以上(☆)

(A)-1,950,000

 (☆)8,500,000円超の場合は、所得金額調整控除が適用される場合があります。

    詳しくは令和3年度(2021年度)の税制改正の『所得金額調整控除の創設』をご覧ください。

表の見方

  • (1)表の左側の「給与収入(A)」欄にあてはめたら,表の右側の「給与所得の計算」をします。
  • (2)「給与収入(A)」に(※)印が付いているところは,次の計算をした「(A)’」を「給与収入」とします。
    (A)’=(「給与収入(A)」÷4000(小数点以下切り捨て))×4000

2.具体的な計算について(令和3年度以降の計算方法)

(ア)給与収入=1,030,000円の場合

1,030,000-550,000=480,000(=給与所得)

給与収入(A)

給与所得の計算

551,000円~1,618,999円

(A)-550,000

(イ)給与収入=4,273,260円の場合

まず,(A)’を求めます。

4,273,260÷4000=1068.315(ここで,小数点以下切り捨てする)

1068×4000=4,272,000(=(A)’)

次に,給与所得を求めます。

(A)’4,272,000×0.8-440,000=2,977,600(=給与所得)

給与収入(A)

給与所得の計算

3,600,000円~6,599,999円(※)

(A)’×0.8-440,000

(ウ)給与収入=8,251,000円の場合

8,251,000×0.9-1,100,000=6,325,900(=給与所得)

給与収入(A)

給与所得の計算

6,600,000円~9,999,999円

(A)×0.9-1,100,000

情報の発信元

財務部 市民税課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎4階

電話番号:0466-50-3510(直通)

ファクス:0466-50-8404

↑↑↑↑上のお問い合わせフォームは、藤沢市の市民税・県民税に関するお問い合わせにご利用ください。所得税など国税に関しては、最寄りの税務署にお問い合わせいただくか、国税庁ホームページをご覧ください。
<<藤沢税務署>>電話0466-22-2141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?