ここから本文です。

更新日:2020年10月23日

公的年金収入と雑所得の計算について

年金はその種類によって、「課税の対象となる年金」と「課税の対象とならない年金」があります。

(1)「公的年金収入」として税金がかかるもの

  • 国民年金、厚生年金、公務員などの共済年金など
  • 一時恩給以外の恩給
  • 適格退職年金契約による年金

(2)「公的年金収入」とはならないが、税金がかかるもの

次のような年金は「年金額」から「掛金など」を差し引いた額が「その他雑所得」となるものです。

  • 個人年金保険、郵便年金などの保険形式の個人年金など

次のような年金は「年金額」から「掛金など」を差し引いた額が「利子所得」となるものです。

  • 個人年金信託、財形年金などの貯蓄形式の個人年金など

(3)税金がかからないもの

  • 遺族年金
  • 障がい年金 など

「公的年金収入」から「雑所得」(税金のかかる部分)への計算は,次の表のとおりです。
「雑所得の計算」は,年齢によって,計算方法が違いますので,注意してください。

公的年金等に係る雑所得の求め方(令和3年度以降適用)

 zatu

※令和3年度は,昭和31年1月2日以降に生まれた人が,「65歳未満の人」、昭和31年1月1日以前に生まれた人が,「65歳以上の人」に該当します。

※計算した結果,小数点以下の端数が出たら,切り捨てます。

 

情報の発信元

財務部 市民税課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎4階

電話番号:0466-50-3510(直通)

ファクス:0466-50-8404

↑↑↑↑上のお問い合わせフォームは、藤沢市の市民税・県民税に関するお問い合わせにご利用ください。所得税など国税に関しては、最寄りの税務署にお問い合わせいただくか、国税庁ホームページをご覧ください。
≪藤沢税務署≫ 0466-22-2141

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?