ここから本文です。

更新日:2020年8月3日

剪定枝の資源化

藤沢市では、平成9年度から、主に市内公共施設及び公共事業から発生した剪定枝、伐採樹木等を焼却処理せずにチップ化し、再利用する事によって、ゴミの減量化を図ってきました。

現在は、予約制の各戸別収集した剪定枝、公共施設や事業者から発生した剪定枝については、藤沢市有機有機質資源再生センター(湘南エコセンター)閉鎖に伴い、市外の民間事業者にて破砕を行い、発電燃料や堆肥化原料等として資源化しています。

市民の方の剪定枝の処理について

 新型コロナウィルスの感染拡大防止を図るため施設への搬入を休止しておりましたが、緊急事態宣言の解除を受け6月8日(月)から再開いたします。ただし、持ち込みは可能な限り自粛をお願いいたします。

 

剪定枝の収集につきましては、予約制の各戸収集となっております。詳しくは剪定枝の出し方(株)藤沢市興業公社ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

また、原則として予約制の各戸別収集ですが、緊急時や一時的に多量に発生した場合に限り、石名坂環境事業所に持ち込むことができます。詳しくは市民の方の剪定枝の持ち込みについてをご覧ください。

事業者の方の剪定枝の処理について

事業所等から発生した剪定枝につきましては、次の民間事業者(処理施設)での処理をお願いします。草葉等の搬入も可能となっております。

営業時間・処理料金等詳細につきましては、各事業者にお問い合わせください。

・(株)アグリパートナーズ(藤沢市円行1-13-12)電話番号0466-41-9333(積替保管施設)

・(株)都実業 グリーンリサイクル(茅ヶ崎市赤羽根3895)電話番号0467-55-2490(破砕処理施設)

都実業グリーンリサイクルにつきましては、茅ヶ崎市にある施設ですが、茅ヶ崎市と協議を行っており、制限はありますが、搬入可能となっております。

情報の発信元

環境部 環境総務課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎8階

電話番号:0466-50-3529(直通)

ファクス:0466-50-8417

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?