ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > こんにちは市長です > 記者会見 > 2015年度定例記者会見内容 > 核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた行動について(2015年4月16日記者会見・案件2)

ここから本文です。

更新日:2015年4月17日

核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた行動について(2015年4月16日記者会見・案件2)

私は、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向け、被爆地の思いを共有し、行動を共にするということを、“被爆地でない都市”の使命であると考えております。

2014年6月の「日本非核宣言自治体協議会」設立30周年記念大会は、被爆地でない都市として、初めて、本市において開催いたしました。

この大会におきまして、広島・長崎の両市長は、「被爆を過去の惨禍としないためにも、被爆地でない自治体と連携していくことが極めて重要である」と発言されました。

これを受け、岸田外務大臣も「核兵器廃絶はオールジャパンで取り組むべき課題で、国民にとって最も身近な自治体の役割は極めて大きい」と言及されています。

そして、具体的な行動に移すため、今回の核兵器不拡散条約(NPT)再検討会議に向けたアピール活動として、代表団を派遣する決議を採択して幕を閉じました。

お配りした資料に記載のとおり、NPT再検討会議は、4月27日から約1か月間、ニューヨークの国連本部において開催されますが、私は4月25日から5月2日にかけて、平和行進や平和首長会議2015ニューヨーク集会等へ参加し、日本非核宣言自治体協議会代表として、また“被爆地でない都市”として、「核兵器のない世界」の実現に向けた強い意思を世界に示してまいります。

資料

この件に関するお問い合わせ先

平和国際課(内線2162)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

企画政策部 広報課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎6階

電話番号:0466-50-3500(直通)

ファクス:0466-24-5929

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?