ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 自然保護 > 藤沢市ビオトープネットワーク基本計画について

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

藤沢市ビオトープネットワーク基本計画について

本計画は藤沢市生物多様性地域戦略(平成30年6月策定)に統合しました。

統合の詳細は戦略の69ページに記載してあります。

生物多様性地域戦略のページ

藤沢市は「生物多様性基本法」の施行に先駆けて、生き物のつながりに重点を置いた「藤沢市ビオトープネットワーク基本計画」を2007年(平成19年)に策定しました。本計画は、江の島や湘南海岸、引地川や境川などの河川、谷戸など「現存するビオトープ環境の保全」に加えて「再生・創出の推進」と、「これら相互の連携」によって、藤沢らしい生きものとの触れ合いが市域全体で展開されるよう、ビオトープとそのネットワークの構築について具体的指針を示した計画です。

ビオトープとは:特定の生物群集が生存できるような特定の環境条件を備えた均質な、ある限られた地域のこと。「身近な生物の生息空間」から「生態系の再生」まで広範囲にとらえることができ、様々な見地がある。

藤沢市ビオトープネットワーク基本計画(概要版)

(図が見にくくなっております。鮮明なものが必要な場合は、次をご利用ください。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

都市整備部 みどり保全課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル8階

電話番号:0466-25-1111 (内線)4351

ファクス:0466-50-8421

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?