ここから本文です。

更新日:2020年3月25日

有償刊行物新刊案内

藤沢市で最近販売が開始された刊行物(本やパンフレットなど)を紹介します。

どうぞご覧ください。

 

わが住む里 第69号

わが住む里69

 

 販売開始日 2020年3月23日

 価格 500円

 藤沢市の風俗、歴史、ゆかりの人物など、市内の文物に関する研究を公募し、紹介した郷土誌です。

・幕末・維新の合戦と藤沢

・若尾山あれこれ ~「若尾幾造君頌徳碑」を読む~

・道は消えても歴史は残れるか                                            

                ・辻堂演習場史話(続々)

                ・E・S・モースに関するノート -E・S・モースの生い立ちから

                 大森貝塚の発見と東京大学教授就任契約成立までー

                       ・境川の流れる藤沢

 

令和2年度 予算の概況

yosannogaikyou

 

 

 販売開始日 2020年3月4日

 

 価格 3,500円

 

 令和2年度予算における主要な事業の概要

 

 

   

令和2年度 予算書及び予算説明書

予算書R2

 

 販売開始日 2020年2月26日

 価格    3,800円

 令和2年度一般会計及び特別会計の予算書

 

 

 

 

 

 

令和元年版 市政の概要

 

市政の概要元年

 

 販売開始日 2019年9月20日

 価格    2,500円

 本書は、本市の基本的な情報をはじめ、各施策や事業の内容について、「市民自治」「福祉」「建設」「教育・生涯学習」などの各分野ごとにまとめ、説明したものです。

 

 

 

 

 

平成30年度主要な施策の成果に関する説明書

主要

 

 販売開始日 2019年9月17日

 価格    3,500円

 平成30年度主要な施策の成果に関する説明

 

 

 

 

 

 

平成30年度藤沢市決算書及び附属書類

決算書30

 

 販売開始日 2019年9月17日

 価格    4,400円

 一般会計及び特別会計の決算書及び附属書類

 

 

 

 

 

 

 

藤沢市子どもと子育て家庭の生活実態調査 ヒアリング調査結果報告書

kodomohearing

 

 販売開始日 2019年6月3

 価格    1,200円

 子育て家庭の所得水準等の経済状況だけでなく、子どもや子育て家庭の生活状況、子どもの学習状況、子どもや子育て家庭の抱える課題や支援ニーズ等について、広く実態把握することを目的に実施した「子どもと子育て家庭の生活実態調査」のヒアリング調査結果についてまとめています。

 

 

 

 

 

藤沢市子どもと子育て家庭の生活実態調査 アンケート調査結果報告書

kodomoanquet 

 販売開始日 2019年6月3日

 価格    2,500円

 子育て家庭の所得水準等の経済状況だけでなく、子どもや子育て家庭の生活状況、子どもの学習状況、子どもや子育て家庭の抱える課題や支援ニーズ等について、広く実態把握することを目的に実施した「子どもと子育て家庭の生活実態調査」のアンケート調査結果についてまとめています。

 

 

 

 

藤沢市子どもと子育て家庭の生活実態調査 アンケート調査結果報告書 別冊

kodomobessatu

 販売開始日 2019年6月3日

 価格    2,900円

 子育て家庭の所得水準等の経済状況だけでなく、子どもや子育て家庭の生活状況、子どもの学習状況、子どもや子育て家庭の抱える課題や支援ニーズ等について、広く実態把握することを目的に実施した「子どもと子育て家庭の生活実態調査」のアンケート調査結果に係る集計表を掲載しています。

 

 

 

 

 

 歴史をひもとく藤沢の資料 4湘南台地区

  ひもとく4  

 販売開始日 2019年4月17日

 価格 1,500円

 

 藤沢市文書館がこれまでに調査した湘南台地区の資料群の目録を総合的に利用できるように編集するとともに、湘南台地区の歴史や特色を解説した記事や参考図書などを掲載しました。

 ★CD-ROM付

  藤沢市文書館資料目録(湘南台地区)

  藤沢市文書館写真目録(湘南台地区)

  

 

  藤沢市史ブックレット10 江の島、神の島から人の島へ

 ブックレット10

 販売開始日 2019年4月17日

 価格 800円

 

  観光地としてにぎわう江の島ですが、鎌倉時代、戦国時代の頃の江の島はどのような島だったのでしょうか。

 本書では主に信仰の島であった江の島の姿に焦点をあて、信仰の江の島のはじまりから江の島弁財天の信仰が人々のくらしにどのようにかかわってきたのか、「縁起」や伝承がいかにして伝えられたのかなどを歴史史料から丁寧に解説しています。

 

 

 

 藤沢市史研究 52

 市史研究52                 

 販売開始日 2019年4月17日

 価格 600円

 今号では「持田角左衛門と若尾商店―相州生糸の対米戦略をめぐってー」と、「乃木希典と片瀬」の2本の論文を収録しました。「持田角左衛門と若尾商店―相州生糸の対米戦略をめぐってー」は丹念な資料調査、現地調査によって検証されており、読み応えのあるものとなっています。「乃木希典と片瀬」では今まで謎であった点を資料や聞き取りなどによって解明しています。

 また講座報告として「古代相模国高座郡をめぐる地域支配と交通」を、新刊紹介・書評は3本を収録しました。 

論文

 ・ 持田角左衛門と若尾商店ー相州生糸の対米戦略をめぐってー ・・・内海 孝

 ・ 乃木希典と片瀬・・・高野 修 

講座報告

   古代相模国高座郡をめぐる地域支配と交通・・・・田尾 誠敏

新刊紹介・書評

 ・ 伊藤 一美著

  藤沢市史ブックレット10「江の島、神の島から人の島へ」・・・真鍋 淳哉

 ・ 大矢悠三子著

  「江ノ電沿線の近現代史」・・・松本 洋幸

 ・「古代神奈川の道と交通」の書評に対するリコメント・・・荒井 秀規

 

くらしの豆知識 2019年版

 くらしの豆知識2019

 販売開始日 2019年3月20日

 価格 300円

  本書は消費者トラブルの対策に役立つ情報や日常生活にかかわりの深いテーマを幅広く取り上げ、コンパクトにまとめた冊子で、毎年1回発行しています。消費生活に関する情報や契約の基礎知識などについて、各分野の専門家などが最新の情報を踏まえて書き起こしているほか、2019年版は「悪質商法の手口公開」という特集を組んでいます。

 また、実際にトラブルが起きたときに相談できる消費生活センター窓口や、専門機関の連絡先を掲載藤沢市の風俗・歴史・ゆかりの人物など、市内の文物に関連する研究も記載しています。

 

 

情報の発信元

市民自治部市民相談情報課文書館

〒251-0054 藤沢市朝日町12番地の6

電話番号:0466-24-0171(直通)

ファクス:0466-24-0172

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?