ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康診断・成人検診 > 胃がんリスク検診(ABC検診)について

ここから本文です。

更新日:2019年4月2日

胃がんリスク検診(ABC検診)について

藤沢市は、胃がん検診の受診率の低下や将来の医療費の削減のため、平成26年8月より「胃がんリスク検診(ABC検診)」を実施しました。
この検診は、胃がんの発症リスクを検査するもので、胃がんそのものを発見する検診ではありません。
胃がんの危険因子として最も重要とされているのは、ヘリコバクター・ピロリ菌感染です。
ピロリ菌陽性者は陰性者に比べて、発生する胃がんのリスクが5倍以上であるといわれています。
陽性だった場合に除菌治療を行うかどうかは、内視鏡で胃の状態をみてからの判断になります。
そのため要精密検査と判定された方は、胃内視鏡検査(保険診療)を受ける必要があります。
5歳刻みの方を対象に実施しているため、毎年できるわけではありませんので、受診券が届いた方はぜひ、受診していただき、胃がんになりやすいかどうかを検査してください。

平成31年度の対象者

対象者には5月下旬に受診券を郵送します。
4月1日から翌年の3月31日までに、40・45・50・55・60・65・70歳の誕生日を迎える方

  • 40歳 昭和54年4月1日~昭和55年3月31日生まれ
  • 45歳 昭和49年4月1日~昭和50年3月31日生まれ
  • 50歳 昭和44年4月1日~昭和45年3月31日生まれ
  • 55歳 昭和39年4月1日~昭和40年3月31日生まれ
  • 60歳 昭和34年4月1日~昭和35年3月31日生まれ
  • 65歳 昭和29年4月1日~昭和30年3月31日生まれ
  • 70歳 昭和24年4月1日~昭和25年3月31日生まれ

※過去に藤沢市の胃がんリスク検診を受診した方は対象外です。

ただし、次に該当する方は数値が正確にでないため、受けることができません。

  • ピロリ菌除菌治療を過去に受けたことがある方
  • 胃の切除術を受けたことがある方
  • 腎不全(クレアチニン3.0mg/dl以上)の方
  • 胃や十二指腸疾患で治療中であり、定期的に内視鏡検査を受けている方

実施時期

6月1日~10月31日(指定医療機関の休診日を除きます。)
10月はたいへん混み合いますので、早めの受診をお勧めします。

検診内容

血液検査(ペプシノゲン量、ヘリコバクター・ピロリ菌抗体)

自己負担金

1,000円

生活保護受給者と支援給付の決定がされた中国残留邦人の方は無料です。
生活保護受給者の方は生活保護受給証明書、中国残留邦人の方は藤沢市が発行した本人確認証を提示してください。(さかのぼりの申し出や返金はいたしません)

受診方法

  1. ご希望の指定医療機関に電話で予約してください。
    (予約が必要な医療機関もあります。)
  2. 検診当日は、受診券、検診票、本人確認ができるもの(保険証、免許証等)をお持ちください。

指定医療機関以外での受診は全額自己負担になりますので、ご注意ください。

ペプシノゲンとは

胃の粘膜から分泌される酵素「ペプシン」の元になる物質で、胃の粘膜が萎縮するとその値も低下します。
ペプシノゲンのほとんどは胃の中に分泌されますが、一部、血液中に流れ出すことから、血液検査で確かめることができます。

ヘリコバクター・ピロリ菌とは

ピロリ菌は胃の粘膜に好んで住みつき、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、さまざまな胃の病気になりやすいことが確かめられています。

リンク

情報の発信元

福祉健康部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?