ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

乳がん検診のご案内

乳がんは乳腺にできるがんで、女性に一番多いがんです。
40から50歳代をピークに発症や死亡が増加しており、子育てや介護、仕事などに女性として一番忙しい時期にかかりやすい病気です。
乳がんは乳房に固いしこりをつくる病気です。しこりを感じなくても、乳頭から血液が出てきてみつかることもあります。
乳がんは、小さいうちに見つけると、治る可能性の高い病気です。
早期に発見するためにも、検診を受けましょう。

定期的な検診に加えて、乳房にしこりや異常がないか乳房をさわるセルフチェックをすることが重要です。
検診を受ける年齢に達していなくても、入浴する際に毎月、セルフチェックをしましょう。

実施期間

4月1日から3月31日まで(指定医療機関の休診日を除きます。)
マンモグラフィができる指定医療機関が少ないため、早めの予約をお勧めします。

対象者

40歳以上の女性市民(今年度の3月31日までに40歳になる方)

  • 40~49歳の方は検診内容1を選択
  • 50歳以上の方は検診内容2を選択 

 ※マンモグラフィを希望されない方は、視触診(乳房自己触診指導)のみ受診できます。           

検診内容

専用の装置(マンモグラフィ)により乳房のX線写真を撮ります。

  1. マンモグラフィによる検診(2方向撮影)
  2. マンモグラフィによる検診(1方向撮影)

上記以外の検査および精密検査を行った場合は保険適用で自己負担となります。

受診方法

指定医療機関へ連絡のうえ、受診券と保険証などの氏名等がわかるものをお持ちください。
受診券は毎年、5月下旬に発送します。
受診券が届く前に受診を希望される場合は、藤沢市民であることの証明書(保険証や運転免許証など)をお持ちになり、「市の検診を希望する」ことを伝えて受診してください。
なお、市の検診は年に1回のため、その後に届く受診券は使用できなくなります。

指定医療機関以外での受診は全額自己負担になりますので、ご注意ください。

受診回数

年1回 

自己負担金

 

70歳以上の方

69歳以下の方

2方向

-

3000円

1方向

無料

1800円

視触診(乳房自己触診指導) 無料

900円

自己負担金免除

次のいずれかに該当し、費用の免除を希望される方は、受診当日に医療機関窓口にお申し出ください。
さかのぼりの申し出や後日、返金することはできません。

生活保護受給者の方

医療機関の窓口に生活保護受給者証明書をご提示ください。

一定の障がいをお持ちの方

医療機関の窓口に障がい者手帳等をご提示ください。

  • 身体障がい者手帳の等級が1級から3級までの方
  • 療育手帳の等級がA1からB1までの方
  • 精神障がい者保健福祉手帳の等級が1級と2級の方

市民税非課税世帯の方

医療機関の窓口で申し出ていただき、「市民税非課税世帯申告書」にご記入ください。

支援決定がされた中国残留邦人(配偶者含む)

医療機関の窓口に藤沢市が発行した本人確認証をご提示ください。

リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 健康増進課

〒251-0022 藤沢市鵠沼2131番地の1 藤沢市保健所4階

電話番号:0466-50-8430(直通)

ファクス:0466-28-2121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?