ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 市政情報 > 市の概要 > こんにちは市長です > 記者会見 > 2020年度定例記者会見内容 > 「夏期海岸藤沢モデル2020」が本格的にスタートします!(2020年7月17日記者会見・その他)

ここから本文です。

更新日:2020年7月17日

「夏期海岸藤沢モデル2020」が本格的にスタートします!(2020年7月17日記者会見・その他)

 本市独自の「夏期海岸藤沢モデル2020」について、いよいよ明日18日(土曜日)からライフセーバーの配置やフラッグによるエリア分けなど、本格的に動き出します。

 この間、各ライフセーバー関係団体や藤沢市サーフィン協会等と協議を重ねてまいりました。特に、藤沢市サーフィン協会では、沖合のマリンスポーツ可能エリアの一部においてもマリンスポーツを自粛するという独自の安全ルールを作るなど、積極的なご協力をいただいております。

 このほか、協力団体として、新たに神奈川県自転車商協同組合藤沢支部から自転車20台を提供していただいており、ライフセーバーの宿泊場所から海岸への移動手段として活用させていただきます。さらに、有限会社ラファイエットから、片瀬西浜・鵠沼海水浴場の組合を通じ、同海岸を巡回する際のチームのユニフォームTシャツが提供されました。このほか、同組合からは、たばこのポイ捨てをされないよう、片瀬海岸西浜や鵠沼海岸など2箇所に4台、明日から灰皿を設置していただく予定です。

 続きまして、明日予定している内容をお知らせいたします。まず、フラッグの設置に先立ち、ライフセーバーと海上保安庁による、合同レスキュー訓練を行います。また、これに合わせ、ドローンを活用したレスキュー訓練も行う予定となっております。ドローンの活用については、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの協力を得て、市と県の合同で、ドローンを活用したレスキューを行うこととなったことによるものでございます。加えて、海岸上空を飛行し、搭載したスピーカーから藤沢市夏期海岸ルールの周知啓発のアナウンスなどを行う予定でございます。

 さらに、エリア分けのフラッグ設置に合わせ、サーフィン協会がエリア内のサーファーをエリア外に誘導するとともに、市や海水浴場組合、県らとともに海岸を巡回し、海岸利用者にルールの周知・啓発を行ってまいります。このほかにも、多様な団体と現在も調整を行っているところであり、今後も、マルチなパートナーシップにより、海岸の安全・安心に繋がるよう取り組んでまいります。以上で、今夏の海岸利用への取組についてご報告を終わります。

資料

この件に関するお問い合わせ先

観光シティプロモーション課(内線3421)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

企画政策部 広報課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎6階

電話番号:0466-50-3500(直通)

ファクス:0466-24-5929

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?