ANDOR検索

検索方法

藤沢市コールセンター

専門電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

窓口混雑状況

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > 事業者向け > 介護給付費等の過誤調整の取扱い(過誤申立)について

ここから本文です。

更新日:2019年5月16日

介護給付費等の過誤調整の取扱い(過誤申立)について

国保連合会で審査決定済(支払済)の介護給付費等の請求について、介護給付費明細書が誤った内容であった場合など、介護給付費等を取り下げたい場合は、保険者に過誤の申立を行います。

なお、国保連合会の審査が通らず、返戻又は保留となっているものもあります。この場合、過誤調整をする必要はありませんので、正しい内容に修正し、再請求してください。

過誤調整の方法

通常過誤

事業所の請求誤り等による一般的な過誤調整です。誤った請求による支払額をいったん返還し、翌月以降の再請求に基づいて再度支払いを行います。

同月過誤

処理件数が大量である等、特段の事情がある場合に行うもので、取り下げ処理と再請求処理を同時に行い、誤った請求による返還額と正しい請求額を同月で調整し、その差額を支払います。

過誤の申立期限は、(こちら)(PDF:49KB)でご確認ください。

過誤調整の注意点

  • 請求内容の審査決定済(支払済)後の処理となりますので、請求月の翌月以降に過誤が可能となります。通常過誤の場合だと再請求は最短で請求月の2ヶ月後となり、同月過誤の場合だと再請求は最短で請求月の1ヶ月後となります。

   通常過誤の例)5月[請求]→6月[過誤申立(最速)]→7月[再請求(最速)]
   同月過誤の例)5月[請求]→6月[過誤申立(最速)&再請求(最速)]

  • 藤沢市に過誤調整を依頼できるのは、藤沢市の被保険者の介護給付費等のみです。他市町村の被保険者の場合は、該当する保険者に過誤調整を依頼してください。なお、市町村によって過誤調整の期限及び方法が異なりますので、事前に各保険者に確認をしてください。
  • 通常過誤処理は、翌月の支払い額からいったん誤った請求金額を相殺し調整するものです。一度の処理件数が大量となる場合は、事前に介護保険課までご連絡ください。必要に応じて、同月過誤処理を行います。

書式

過誤申立書(介護給付費用)

過誤申立書(総合事業費用:訪問型サービス、通所型サービス)

A2,3,5,6各コードで請求した内容の取下に使用してください。
※AFコードで請求した介護予防ケアマネジメント費については、取下の手続き先は介護保険課ではなく地域包括ケアシステム推進室です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

福祉健康部 介護保険課

〒251-8601 藤沢市朝日町1番地の1 本庁舎2階

電話番号:0466-50-3527(直通)

ファクス:0466-50-8443

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?