検索方法

藤沢市コールセンター

専用電話番号/8時~21時受付

0466-28-1000

マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

マイページの使い方

藤沢市役所
〒251-8601 神奈川県藤沢市朝日町1番地の1
代表電話番号:0466-25-1111

ホーム > まちづくり・環境 > 建築・開発 > 景観・風致 > 旧東海道藤沢宿街なみ継承地区を指定しました

ここから本文です。

更新日:2019年6月27日

旧東海道藤沢宿街なみ継承地区を指定しました

ガイドライン江戸時代、宿場の出入り口は見附と呼ばれていました。遊行寺東側にある江戸見附跡から、藤沢本町駅西側にある京見附跡までの旧東海道藤沢宿周辺は、古くから交通の要所となり、旧東海道6番目の宿場町として整備が進み、時宗総本山清浄光寺(通称:遊行寺)の門前町として、また、江の島参詣、大山参詣の中継地としてたくさんの人でにぎわってきました。
また、遊行寺や白旗神社などの寺社、庚申供養塔などの史跡、江戸末期から昭和初期に建てられた歴史的な建築物、源義経や小栗判官と照手姫にまつわる伝説などが残されており、この地区の歴史を伝えています。
このような歴史・文化を地域の資源として守り、育て、継承するため、旧東海道藤沢宿街なみ継承地区を指定し、市民や事業者と協働して、魅力あるまちづくりに取組みます。

 

旧東海道藤沢宿街なみ継承地区街なみ継承ガイドライン

二種類のPDFファイルは同一内容です。印刷の仕方に合わせてお選びください。

 

表紙から順に印刷するファイルです。

 

ページ順(PDF:4,433KB)


両面印刷し、中折りにすると冊子になるようにページを配置したファイルです。

 

冊子(PDF:2,977KB)

街なみ百年条例について

 

藤沢市街なみ百年条例の解説ページ

旧東海道藤沢宿街なみ修景等に関する補助制度について(PDF:713KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

情報の発信元

計画建築部 街なみ景観課

〒251-0052 藤沢市藤沢109番地の6 湘南NDビル6階

電話番号:0466-25-1111 (内線)4262

ファクス:0466-50-8223(建築指導課内)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?